グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム > ご入居者の声

ご入居者の声

最初はセカンド利用

渡辺豊さん・貞子さん夫妻

勤務しながら二人の母を介護してきた中で、私達は50代の頃からこのような施設への入居を考えていました。「エデンの園」が油壺にできることを知った時、迷わずすぐに契約しました。セカンド利用※としての契約でした。油壺は緑いっぱいののどかな自然があり、富士山や雄大な海を満喫できる所なので、時々週末に来て森のハイキングコースを散策したり海辺をドライブしたりして、リゾート気分を楽しみました。結局13年間セカンド利用しましたが、その間安心して過ごせました。5年前に定住しましたが、自宅の整理や転居は体力を消耗するので、若さのある内にできて良かったと思っています。

※【 セカンド利用 】今まで住んでいたご自宅などはそのままに、ホームを「別宅」のように利用する形態のこと。但し、管理費及び水光熱費等の基本料金はお支払いいただきます。



バス見学会がきっかけ

奥宮正典さん・真澄さん夫妻

自宅に住んでいた時、主人が突然倒れて慌ててしまったことがありました。ここでは何かあったときは緊急連絡装置で職員が応答してくれるし、将来介護が必要になっても面倒をみてもらえるので安心なんです。老後は三人の娘に迷惑をかけたくないと思い、今まで5ヵ所以上の施設を訪ねましたが、油壺エデンの園のバス見学会に参加し、そのあと個別見学、体験入居を経て「ここしかない!」と思い決断したんです。美味しい食事を海を見ながら※楽しめるし、入居者や職員が挨拶し合う明るい雰囲気も好きですね。順風満帆の第二のスタートを心から喜んでいます。

※【 食堂「こだち」】海に向かったパノラマビューが愉しめる食堂です。晴天時は富士山が見えることもあります。



一人暮らしを支えてくれる食事

新保久彌さん

妻に先立たれ、食事は配食サービスを受けていましたが、用事があって家を留守にすると持ち帰ってしまうんです。いつも時間を気にしないといけないため、一人暮らしの食事はとても不便でした。その点、ここでは食堂※で職員さん手作りの温かい食事を食べられるからありがたいですね。また、義母が他の施設でお世話になっていた頃、いろいろな点でわびしい思いをさせてしまったので、自分がここを選ぶ時にはいくつものパンフレットを随分検討し、最後までここで暮らしていけると判断しました。今は細かいことを気にせずに、浜砂の微化石の蒐集という趣味を楽しんでいます。

※食堂は「白帆」・「こだち」の2ヵ所あり、飲食に応じて費用がかかります。ご自分のお部屋で自炊していただくことも可能です。


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?