グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



ホーム  > 苦情解決制度  > 平成27年度 苦情内容

平成27年度 苦情内容

平成28年1月~平成28年3月

特にありませんでした。

平成27年10月~12月

投書箱にて10月17日土曜日の日付で、笑顔だより50号がホームページに掲載された時点で気づいた事として、ご意見を頂きました。(1)笑顔だより48号が47号と同じ表紙で掲載されている。(2)笑顔だよりは49号までは表紙が掲載されているが、50号は表紙が掲載されず中面がトップに掲載されている。(3)笑顔だよりの紙面の雰囲気が変わった。(4)笑顔だよりを見れるようにダウンロードするPDF表示がページの下の方にある。上の方にあった方が分かりやすいのではないでしょうか。
(平成27年10月19日)
回答貴重なご意見ありがとうございます。ホームページを確認し、ご指摘いただいた笑顔だよりの「(1)48号の表紙の差し替え、(2)50号の表紙の掲載、(4)PDFダウンロード表示場所の変更」をさせていただきました。また、笑顔だより50号より、印刷発注の業者を変更したために雰囲気が変わったことをご説明させて頂きました。今後とも皆様に楽しみにして頂けるよう努めて参ります。
(平成27年10月19日)

平成27年7月~9月

「大変申し訳ありませんがお願いがあります。シャトルバスの運行中はラジオの音をもう少し小さくして頂けないでしょうか」と御意見箱に投書を頂きました。
(平成27年7月6日)
回答貴重なご意見をありがとうございます。ご不快な思いをさせてしまいましたこと、申し訳ございませんでした。運転手にラジオの使用状況を確認しましたところ、ラジオの調子が悪く、音量が急に大きくなり、調整できなくなったことがあったとわかりました。ただちに、ラジオが修理できるまで使用中止を致しました。今後は、安全に、気持ち良く、乗車していただけるよう、配慮させていただく所存です。
(平成27年7月6日)

平成27年4月~6月

ご入居者様より、「布団をたたく音がした。ベランダで布団をたたかれると埃が落ちて来る、洗濯物を干しているから汚れてしまう。布団をたたくことは禁止になっていると思うけれど、新しい人のオリエンテーションには伝えてもらっているでしょうね。」とお問い合わせを頂きました。
(平成27年6月8日)
回答不快な思いをさせてしまい、申し訳ございませんでした。近年、布団をたたくことに効果がないということは周知されていると判断し、入居された方へのオリエンテーション時には改めては説明していませんでした。ベランダの手すりに布団を掛ける際にあやまって転落してしまう危険も考えられるため、今後は布団たたきは禁止するよう改めてオリエンテーション時にお伝えすること、ご入居者様へは回覧板で周知していくことを説明し、納得して頂きました。貴重なご意見ありがとうございました。
(平成27年6月11日)

ご入居様の息子様より「母の部屋の給湯器が故障し、修理を頼んだが、まだ修理できていないようだ。随分日が経つのにどうなっているのか。母はあまり言わないと思うがお湯が出ないことで不便を感じている。修理が遅れているなら、毎日でも業者へ催促するのが普通ではないですか」とお電話を戴きました。
(平成27年6月8日)
回答ご不便をおかけして申し訳ございませんでした。これまでは新しい給湯器を発注してから納品されるまで数週間を要する機種を取り扱っていたため、工事の依頼から一ヶ月経過しても機種の交換が出来ておらず、お詫び致しました。すぐに工事業者に確認したところ6月13日に取付け工事ができることが判明しました。その旨を、ご本人様と息子様にお伝えしたところ、「ありがとうございました」とのお言葉を戴き、工事日の承諾をいただきました。今後は取扱い機種自体を見直し、故障等あったときは数日で修理できるように整えていきます。給湯器は日常生活の中で必要不可欠なものであり、速やかに対応して参ります。
(平成27年6月11日)

Copyright© Seirei Social Welfare Community. All Rights Reserved.