グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ




施設長挨拶

着任ご挨拶

 この度平成29年4月付けで和合せいれいの里総園長として着任いたしました。梅田和寛(うめだ かずひろ)と申します。私は平成3年1月に社会福祉法人 聖隷福祉事業団に就職し、病院事務長・福祉部門の運営管理等に携わってまいりました。今まで福祉施設等の施設整備も担当させていただく中で、和合せいれいの里では「和合愛光園和合サテライト」も担当いたしました施設でございます。今まで関わりました施設の運営を今回させていただくにあたり、新たに身が引き締まる思いでございます。
 和合せいれいの里は、18年前に高齢者のための施設開設から始まり、障がいのある方の施設、在宅支援の事業所も加わり複合事業体となっています。平成29年4月から「聖隷こども園めぐみ」が開園することで、高齢者・障がい者・こどものサ-ビスの一体的な提供ができる一大福祉ゾ-ンとなります。
 皆様、地域包括ケアシステムという言葉はよく耳にされたと思います。この頃は地域共生社会という言葉もよく使われるようになってまいりました。和合せいれいの里の施設理念でもあります『和合せいれいの里の全事業所および全職員は、和合せいれいの里の利用者一人ひとりがその人らしい生き方ができるよう常に利用者の視点に立ち、そのために必要とされる質の高い適切な支援を切れ目なく総合的に提供する。』のもと、地域共生社会の実現をめざし地域の皆様と共に、また様々なニ-ズに沿ったサ-ビスが提供できますようこれからも職員一丸となって努力してまいります。どうぞよろしくお願い致します。


和合せいれいの里 総園長 梅田 和寛

Copyright© Seirei Social Welfare Community. All Rights Reserved.