グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ




生活支援ハウス

生活支援ハウス「やまぶき」

今まで地域で自宅生活をがんばってきたが不安になる、退院を言われたが直接自宅に帰り生活するには体力などに不安のある方などが、必要なサービスを利用して一定期間を生活しこれからの生活を考えていく所です。


方針

一時的に自宅生活の困難方が可能な限り早期に自宅でその方の有する能力に応じた自立した日常生活を営めるよう自宅生活に近い形で生活し、自分の出来ることは自分で行い不足の部分には必要なサービスを提供する。

施設をご利用いただける方

  1. 当施設に入所できるのは、浜松市に住所を有する方で、かつ60歳以上の一人暮らしの方、夫婦のみの世帯に属する方、及び家族による援助を受けることが困難な方であって、高齢などの為、独立して生活することに不安のある方。
    介護度が2~5の方は対象外となります。
  2. 利用後、浜松市が定める生活支援ハウス利用料並びに施設が定める利用料を支払うことができると判断された方
  3. 入所の決定前に、感染症等に関する健康診断を受け、その診断書の提出後、施設での生活に支障無いと判断された方。
*利用期間は原則として3ヶ月間までです。

ご利用施設

フロアー

フロアー

居室

浴室

職員の配置状況

当施設では、ご利用者に対してサービスを提供する職員として、以下の職種の職員を配置しています。

職員の配置については、指定基準を遵守しています。
職種配置人数 指定基準常勤・非常勤
1.施設長(管理者)1名1名常勤
2.生活援助員2名2名常勤
3.宿直員1名1名非常勤
4.栄養士1名常勤

勤務体制

職種勤務体制
1.施設長正規の勤務時間帯(8:30~17:00) 1名
2.生活援助員標準的な時間帯における最低配置人員
5:30~22:00 1名
3.宿直員標準的な時間帯における最低配置人員
22:00~翌5:30 1名

職員の職種

施設長ご利用者の日常生活の安心・安楽・安全の為の保険・環境整備及び、施設の安定運営に努めます。
生活援助員ご利用者の日常生活上の相談・助言・各種サービス利用の申出に応じ、適宜利用手続き、生活援助を行います。1名の生活援助員を配置しています。
宿直員夜間の突発的な事故及びご利用者の急変に備えます。健康管理や療養上の世話、日常生活上の介護、介助等は行いません。1名の宿直員を配置しています。

協力医療機関

医療機関の名称聖隷浜松病院
所在地浜松市中区住吉ニ丁目12番12号
診療科 総合内科

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。
パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。


Copyright© Seirei Social Welfare Community. All Rights Reserved.