グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 診療科・センター・部門  > センター部門  > 脳卒中センター

脳卒中センター

更新日:2016年11月28日

診療体制

部長 大橋寿彦

部長:大橋 寿彦

当センターは1999年に開設し、地域に先駆けて24時間体制の診療を行ってきました。毎年700名以上の入院があり、脳卒中急性期治療にあたっています。リハビリ科とも連携し、早期リハビリも充実しています。退院後も患者様が安心して地域で療養できるように脳卒中地域連携パスを導入しています。
さらに脳卒中再発予防教室や一般の方を対象とした脳卒中市民公開講座などを定期的に開催し、脳卒中の予防、脳卒中になった場合の対処について啓蒙活動も行っています。また手術が最も望ましいと判断された場合、機能的MRIで脳の重要な機能局在を把握し、術中ナビゲーション、術中エコー等を用い最大限安全な手術を目指しています。
採用情報はこちら(別ウィンドウで開きます)

主な対象疾患

主な対象疾患診療内容
クモ膜下出血(破裂脳動脈瘤)再出血を防ぐため手術(開頭、クリッピング)または血管内手術が必要です。脳血管内手術では切ることなくカテーテルからプラチナのコイルを脳動脈瘤に充填し治療を行うことができます。症例によってより侵襲が少なくメリットのある方法で治療しています。手術の場合には必要な場合は術中ナビゲーションの使用でより安全な手術を目指します。
脳内出血必要な場合に手術します。対象となるものは水頭症を伴う小脳出血、圧排症状を呈する皮質下出血、一部の被殻出血などです。手術は術中ナビゲーションの使用でより安全な手術を目指します。手術の適応がない患者さまの場合、血圧管理、脳浮腫の治療などを組み合わせ早期よりリハビリを行うとともに再発予防の治療を開始します。リスクファクターがあればこの治療も同時に行っています。
脳室内出血(急性水頭症)脳室ドレナージをおき、意識状態の改善を待って必要なものには脳室腹腔短絡術を行います。
脳梗塞短時間で受診され血栓溶解療法が行える患者さまには、昨年より使用可能となったtPA製剤静注による血栓溶解療法を行う体制を整えています。tPAの適応がなければ、脳保護剤、循環改善剤などを組み合わせて保存的に治療し早期よりリハビリを行うとともに再発予防も開始します。再発予防には、リスクファクターの治療とともに抗血小板剤あるいはワーファリンの投与を行います。
一過性脳虚血発作原因を精査し治療を行っています。再発予防は脳梗塞に準じて行います。
未破裂脳動脈瘤2006年10月のUCAS Japanの最終報告で年間の破裂率は0.96%程度と判ってまいりました。それぞれの患者さまの状態に合わせたリスクとベネフィットを考えた治療を提案しています。
頚部内頚動脈狭窄症無症候でも強度狭窄例、中等度狭窄でも症候性のものは手術したほうが保存的治療のみの群に比較し予後が良好です。
解離性脳動脈瘤強い頭痛で発症し、時には動脈解離のみでクモ膜下出血を伴わないものもあり注意が必要な疾患です。その他の頭痛との鑑別が重要となります。必要な場合には主として血管内手術により治療しています。
脳動静脈奇形手術不能例でも近年は定位放射線照射で完治できるものも増えてきました。リスクとベネフィットを考えた治療を提案しています。
モヤモヤ病小児の虚血発症例では主として間接的脳血管吻合術を行っています。

その他脳卒中との鑑別を要する疾患:頭痛、めまい、しびれなど脳卒中の可能性がないか精査し治療しています。

検査と治療の特色

特殊検査

  • 経頭蓋エコー
    頭蓋内動脈の血流流速を調べることによってクモ膜下出血後の脳血管攣縮の程度を知ることができます。

  • 機能的MRI
    病気によって変形した脳の重要な機能の局在を非侵襲的に知ることができます。

  • 脳血流シンチ
    脳血流の低下を知ることができます

連携診療科

医師紹介/実績紹介