グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 診療科・センター・部門  > センター部門  > 臨床研究管理センター

臨床研究管理センター

更新日:2016年11月28日

診療体制

センター長 ・乳腺科部長 吉田雅行

センター長・乳腺科部長:吉田 雅行

臨床研究管理センターでは、CRC(Clinical Research Coordinator:臨床研究コーディネーター)及び事務局スタッフが治験を中心とした臨床研究の管理・支援を行っています。

臨床研究管理センターの詳細はこちら
採用情報はこちら(別ウィンドウで開きます)

治験における主な管理・支援業務

  1. 患者さんに治験の内容をわかりやすく記載した説明文書及び同意書の作成支援とその説明の補助
  2. 治験に参加された患者さん(以下、被験者)の不安や疑問に対する相談対応
  3. 時間外・休日の携帯電話による相談対応
  4. 被験者や医師との治験スケジュールの調整
  5. 治験データの症例報告書への記載補助
  6. 治験の質を確保するための治験依頼者によるモニタリング(※)への対応
  7. 治験データの元となる原資料・書類の保存・管理

※ルールを守って治験が実施されているか、またその進行状況や治験データの内容及び正確性を把握するために行われる治験依頼者(主に製薬企業)による品質管理業務で、被験者の同意を得た上で診療録も閲覧します。


臨床研究についても、これからのEBM(根拠に基づいた医療)時代に向けて当地におけるエビデンスを作る臨床研究の支援も治験に準じて行っています。
以上、臨床研究管理センターでは被験者の人権や安全に配慮しながら、科学的に臨床研究・治験を実施できるように取り組んでいます。