グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 診療科・センター・部門・専門外来  > センター  > リプロダクションセンター(総合性治療科/生殖・機能医学科)

リプロダクションセンター(総合性治療科/生殖・機能医学科)

・2022年4月から、不妊治療が保険適用になりました。
2022年4月から開始された不妊治療の保険適用に伴い、リプロダクションセンターにおける不妊治療でも保険診療を行っています。体外受精などの基本治療は全て保険適用されます。
詳しくはこちらをご覧ください。

・現在、患者数の増加により外来診療の予約が大変取りにくい状況が続いております。
当面の措置として2022年4月より、一般不妊治療の初診と妊孕性検査のみの予約を休止させていただきます。


診療体制

センター長・総合性治療科部長:今井 伸
生殖・機能医学科部長:塩島 聡

わたしたちリプロダクションセンターは総合病院としての特色を生かし、将来の妊娠が心配な方の相談から手術や高度生殖医療まで専門的な見地から幅広くサポートします。新しい家族を迎えることは何にも代えがたい喜びです。わたしたちはみなさまの新しい家族づくりと将来妊娠を考えているみなさまがよりよい妊娠を迎えられる準備をお手伝いします。一般不妊治療では人工授精(AIH)を中心に妊娠するチャンスを増やすことを目指します。さらに高度生殖医療では体外受精(IVF)、顕微授精、凍結融解胚移植を軸とした治療を、手術治療では子宮内膜症や子宮筋腫に対して妊娠しやすい環境をめざした専門性の高い治療を提供します。
また、男女の不妊治療に加え、若年がん患者の生殖機能温存(精子凍結、胚凍結、未受精卵子凍結、卵巣組織凍結)、性機能障害、性同一性障害、LOH症候群も当センターで診察いたします。

主な対象疾患

主な対象疾患診療内容
挙児希望・月経不順
月経不順や月経困難に対しては妊孕環境に配慮した治療を行います。挙児希望では基本的な原因検索を行い、タイミング指導、人工授精(AIH)までの一般不妊治療を行います。子宮内膜症、子宮筋腫などで手術治療が必要な場合には、妊孕環境の改善を重視した手術治療を行います。(腹腔鏡,子宮鏡)
高度生殖医療(ART)

一般不妊治療では妊娠が見込めない場合には体外受精・胚移植(IVF-ET)を行います。精子の状態により顕微受精(ICSI)を選択します.良好な着床環境が得られるよう、外来子宮鏡検査,着床環境検査(子宮内膜フローラ、ERA)なども積極的に行っています。基本的には全胚凍結による別周期の単一胚盤胞移植ですが、卵巣機能が保たれている場合には自然周期新鮮胚移植も行います。
不育症反復流産、習慣流産については基本的な原因検索とTender careによる妊娠維持を目指します。必要に応じて遺伝カウンセリングや染色体検査を実施します。
着床障害帝王切開後の過長月経や着床障害(帝王切開瘢痕症候群)、子宮内宮病変(粘膜下筋腫、子宮内膜ポリープ、子宮内宮癒着など)に対して治療を行います。
男性不妊精子減少症・精子無力症の症例では、30~40%の症例で精索静脈瘤を合併しており、手術により約70%の症例で精液所見が改善します。精索静脈瘤合併症例ではまず顕微鏡下精索静脈瘤低位結紮術を行います。精索静脈瘤のない症例では、漢方、ホルモン剤を投与し、無効の場合は人工授精や体外受精を考慮していただきます。閉塞性無精子症では、精路再建(精管精管吻合、精管精巣上体吻合)、精巣上体精子吸引(MESA)、精巣精子採取術(TESE)を行います。非閉塞性無精子症では、顕微鏡下精巣精子採取術(micro-TESE)を行っており、精子回収率は約40%です。
男性性機能障害勃起障害、早漏・腟内射精障害(射精遅延)、性欲低下障害、性嫌悪症、先天性陰茎弯曲症、ペロニー病、持続陰茎勃起症
女性性機能障害性交疼痛症、性嫌悪症
生殖機能温存
(がん生殖)
精子凍結、胚凍結、未受精卵子凍結、卵巣組織凍結
性別違和
(性同一性障害)     
FTM、MTF
LOH症候群
(男性更年期障害)  
加齢に伴いテストステロン値が低下することによる症候を late onset hypogonadism (LOH症候群、加齢性腺機能低下症)と呼びます。
LOH症候群は、うつ、性機能低下、認知機能の低下、骨粗鬆症、心血管疾患、内臓脂肪の増加などに寄与し、メタボリック症候群のリスクファクターになります。テストステロンが低いと、活力と性機能が損なわれ、QOLに大きな影響を与えることとなります。
思春期相談
(男子)
思春期男子が悩みがちな性器の問題、性別違和などの相談

生殖機能温存(男性・女性)

がん治療に伴い生殖機能の低下・消失が予測される場合、ご本人の希望と適応があれば、がん治療に先立ち、男性では精子、女性では胚・未受精卵子・卵巣組織の凍結保存を行います。

総合的な妊孕環境の改善と生殖補助医療(ART)

クリニックでは難しい生殖外科手術を含め、妊娠・出産までを総合的に視野にいれた生殖医療を提供します。

専門外来のご案内

H・ART外来(ハート外来):生殖医療、生殖外科手術

月経不順や挙児希望から高度生殖医療まで、妊孕環境の維持改善を重視して診療します。子宮内膜症や子宮筋腫の手術は同じ術式でも妊孕環境への配慮によりその後の妊孕性は大きく変わります。女性では腹腔鏡・子宮鏡などの内視鏡手術、男性ではMESA、TESEなどの高度な生殖手術を行います。より安全な妊娠・出産を目指して、周産期科や関連他科と連携した母体管理を行います。反復流産などの不育症例には専門的な検査・治療を行います。

詳しくは、こちらをご覧ください。
総合病院で受ける生殖医療
  • 2022年4月から、不妊治療が保険適用になりました。
詳しくは、こちらをご覧ください。
厚生労働省リーフレット 
当院で不妊治療を保険適用で行うために必要な書類のご案内
不妊治療が保険適用(3割負担)となるための条件
  • 本人及びパートナーが婚姻関係にあること
  • 婚姻関係にない場合、重婚でない(ほかに婚姻関係がない)こと
  • 本人及びパートナーが、治療の結果出生した子について認知を行う意向があること
  • 治療計画作成日の女性の年齢が43歳未満であること

治療計画を立てる際は、必ず本人およびパートナーお二人でご受診ください。
以下の書類をへご提出いただき、医師が提示する治療計画の内容に同意し、2人の署名があることを確認して保険診療が可能になります。

*C棟1階 1受付(文書受付)へご提出ください*
■当院からお渡しする書類(署名が必要です)
・婚姻関係確認書  ・認知意向確認書  ・治療歴申告書

性機能・メンズヘルス外来

「勃起しない」「勃起が持続しない」などの勃起の問題、「セックスの時すぐ射精してしまう(早漏)」「セックスの時射精できない(腟内射精障害)」などの射精の問題、「セックスをする気が起こらない(性欲低下障害)」「パートナーは好きだけどセックスはしたくないし触れられたくもない(性嫌悪症)」など性欲の問題、「勃起したときに陰茎が曲がっている(先天性陰茎弯曲症)」「勃起した陰茎にしこりがある(ペロニー病)」などの陰茎の形態異常、「ずっと勃起していておさまらない(持続陰茎勃起症)」など、男性のあらゆる性の問題に対応しています。
女性の性交疼痛症、性嫌悪症はカウンセリングを主体として診察しています。また、LOH症候群の診断と治療も当外来で行います。

がん生殖外来

がん治療前に生殖機能温存を希望される場合、男性は精子凍結を、女性は状況に応じて胚凍結、未受精卵子凍結、卵巣組織凍結を検討します。治療に急を要することが多いため、相談は随時対応しております。

ジェンダー外来

他院でFTMまたはMTFと診断された方のホルモン療法を行います。性別適合手術を希望される方は、他施設にご紹介いたします。また、思春期男子が悩みがちな性器の問題、性別違和などの思春期相談も行っています。

検査と治療の特色

男性

  • 治療

カウンセリング
行動療法
PDE5阻害薬
PGE1陰茎海綿体注射
テストステロン補充療法
陰茎形成術
  • 特殊検査・高度生殖医療

顕微鏡下精索静脈瘤低位結紮術
精路再建術(精管精管吻合術、精管精巣上体吻合術)
顕微鏡下精巣精子採取術(micro-TESE)
エゴグラム
PGE1テスト

女性

  • 特殊検査・高度生殖医療

着床能検査(ERA)
子宮内フローラ(細菌環境検査)
流産物染色体検査

総合病院で受ける生殖医療(診療のご案内)

私たちは医学的な立場から、これから妊娠することに悩んでいる人に寄り添いみなさんと共に新しい家族を創り出す手助けをしたいと考えています。


詳しくはこちらをご覧ください

Web執筆のご紹介

今井センター長が執筆した記事が閲覧できます。

  • 読売新聞の医療・健康・介護サイト「ヨミドクター」
コラム 明るい性の診療室(外部サイトへ移動します)

医師紹介/実績紹介