グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 診療科・センター・部門  > 内科系  > 消化器内科・肝臓内科

消化器内科・肝臓内科

更新日:2017年9月26日

診療体制

消化器内科部長:細田 佳佐

肝臓内科部長:長澤 正通

内視鏡含め画像診断による癌の早期診断に基づき、早期消化管癌の内視鏡切除や肝癌のラジオ波焼灼療法など局所療法で癌を治すことに力を入れています。進行癌においても化学療法やステント治療によりQOLを維持した内科治療を実施しています。
採用情報はこちら(別ウィンドウで開きます)

Webマガジン「白いまど」 2017年5月号「肝臓内科」はこちら

主な対象疾患

主な対象疾患診療内容
食道・胃疾患NBI拡大内視鏡・超音波内視鏡などを組み合わせた高度な精密診断を行っています。早期癌に対しては多数例の内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を行っており、低侵襲治療を実践しています。
肝疾患抗ウイルス剤の適切な選択によるウイルス根絶、肝炎進展防止に力を入れるとともに、食道・胃静脈瘤に対する内視鏡治療やカテーテル治療(BRTO)、肝細胞癌への集学的治療を実践しています。
胆膵疾患EUS・ERCPを主体とした診断・治療を行っています。総胆管結石の内視鏡的治療(EST/EPLBD)、悪性胆道狭窄のステント治療、小腸内視鏡を使用した術後再建腸管のERCP治療など、多彩な手技を導入しています。
大腸・小腸疾患腫瘍性病変に対するNBI拡大内視鏡診断や内視鏡的治療(EMR/ESD)を積極的に行い、炎症性腸疾患に対しても最新の治療を導入しています。小腸内視鏡やカプセル内視鏡を用いて、小腸疾患の診断・治療にも対応しています。
消化器進行癌化学療法・放射線治療・ステント療法・緩和治療などを効果的に組み合わせ、集学的治療により患者さんのQOL改善を実践しています。

内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)

早期胃癌、食道癌、大腸癌および胃腺腫・大腸腺腫などに対するからだに優しい治療として実施しています。1週間入院のクリニカルパスを用いています。

内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)の詳しい説明はこちら

経皮的ラジオ波焼灼療法(RFA)・定位放射線治療(SBRT)

肝細胞癌、転移性肝癌に対してfusion超音波装置、造影エコー、人工胸腹水法などを用いたRFA、および金属マーカー留置による正確なSBRTにより、安全で効果の高い低侵襲治療を実施しています。

超音波内視鏡下穿刺法(EUS-FNA)

消化管粘膜下腫瘍、リンパ節腫大、膵腫瘍など従来病理診断が困難であった疾患に対してエコーガイド下に組織採取を行い、正確な治療方針の決定に寄与しています。

専門外来のご案内

肝臓外来(慢性肝炎・肝硬変・肝癌)

ウイルス性肝疾患をはじめとした慢性肝疾患・肝癌の診療を行っています。抗ウイルス療法の選択と実施、肝癌の早期診断とその治療など実践しています。

検査と治療の特色

主な医療機器

  • ハイビジョン電子内視鏡システム
  • カラードップラー超音波装置
  • 超音波内視鏡
  • レーザー照射装置

医師紹介/実績紹介