グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 診療科・センター・部門  > 内科系  > 小児科  > 診療実績・学術業績

診療実績・学術業績

更新日:2017年4月3日

このページの目次


診療・手術実績

疾患別新規入院患者数

2011年度2012年度2013年2014年2015年
呼吸器疾患265335265338323
神経疾患4555386160
血液・腫瘍・免疫疾患715797116182
循環器疾患53136
腎・泌尿器疾患6875689490
内分泌・代謝疾患5868452873
筋骨格系疾患32181636
耳鼻咽喉科疾患65107701516
消化器疾患901078313295
新生児疾患、先天奇形2517152415
皮膚・皮下組織の疾患121871127
外傷・熱傷・中毒86654
眼科疾患01001
その他25019106
合計769882730840904

クリニカルインディケーター

5年生存率は治療開始から5年経過後に生存している患者の比率を示すものです。「治癒」を意味しているわけではありませんが、治療効果判定の指標として重要です。小児がんには多くの種類があり、また、個々の疾患によって予後が異なるため、すべての疾患の5年生存率が同等ではありませんが、大凡の目安になります。80%を超える5年生存率は比較的良好な数値と考えられます。

小児がん 5年生存率(1997年~2015年、n=115)85.2%
検定ソフト:Dr.SPSSII
検定手法:Kaplan-Meier

学術業績

ファイルダウンロード


PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。
パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。