グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




口腔外科

診療体制

歯科部長:竹内 啓人

口腔は消化管の入り口であり、呼吸器の一部でもあります。また栄養を摂取する以外にも、しゃべる、咬むなど様々な機能があり、当科はこの口腔の機能を維持・改善する診療科です。頭頸部センターの併設による協力体制もあり、幅広いニーズに応えていくことを目標としています。

主な対象疾患

当科では、一般的に開業歯科医院では行わない治療が診療対象となります。具体的には、口腔・顎・顔面の腫瘍、顎変形症(下顎前突症、上顎前突症、顔面非対称症、開咬症など)、顎・顔面外傷(骨折など)、顎関節疾患、口腔粘膜疾患、顎・口腔再建(顎補綴)、抜歯、顎・口腔領域の炎症などがあげられます。疼痛管理に難渋するような強い炎症や外傷など、急ぎの受診にも可能な限り対応したいと考えています。一般歯科医院での治療が困難な障がい者の方などに対する全身麻酔下の歯科治療や、異常絞扼反射などの方に対する鎮静下の治療にも対応したいと思っています。

検査と治療の特色

特殊医療機器

  • マイオモニター
  • 下顎運動測定器
  • セファログラム撮影
  • マルチスライスCT(3Dモデルの作製)
  • MRI
  • 超音波切削器具

治療の特色

・当院は総合病院では比較的数の少ない、口腔外科と矯正歯科医が常勤している体制であり、密な情報交換により顎変形症治療などの質を高めています。
・麻酔科との連携により、受診から手術までが比較的短期間で行えています。また、入院期間についても早期の退院を心がけています。
・頭頸部センターとして眼形成眼窩外科、耳鼻科と連携し顔面外傷や腫瘍疾患など、より高水準の治療を目標としています。

医師紹介/実績紹介