グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




緩和医療科

更新日:2016年11月28日

診療体制

部長:山田 博英

緩和医療とは、がん患者さんとその方を支えるご家族の身体と心の苦痛を和らげる医療です。がんと診断されて以後の積極的治療中に生じる諸症状(痛み・気分不快・だるさなど)の緩和を図り、日常生活を営むための社会的支援の情報提供を行います。加えて、当院で最期の時期を過ごされる患者さんの痛みや息苦しさ・不眠・不安など様々な身体症状、精神症状の緩和を図ります。
入院でも外来でも、主治医や担当看護師・薬剤師と連携しながら、患者さん・ご家族皆様の身体的、心理社会的苦痛に対応して参ります。このような緩和医療の実践のために多職種から構成されている緩和ケアサポートチームの活動をコーディネートしています。
採用情報はこちら(別ウィンドウで開きます)

主な対象疾患

すべての診療科の悪性疾患治療中の患者さんが対象となります。
病気や治療の時期に関係なく、入院や外来で苦痛が強いと感じられている方は、いつでも主治医や担当看護師・薬剤師にご相談ください。緩和医療科医師またはチーム専従看護師がお話を伺わせていただきます。患者さんやご家族からお伺いした内容をもとに、症状を和らげるための方策を検討し、当院の医療スタッフが提供する緩和ケアを支援します。

緩和ケアサポートチーム(入院患者対象)

患者さんの苦痛にはいろいろな面があるため、様々な専門的な知識や問題に対する対処法を取り入れていく事が必要です。このため、緩和医療科医師、精神科医師、専従看護師、専任薬剤師をはじめ、専任医療ソーシャルワーカー、リハビリテーション療法士、臨床心理士、歯科医師、歯科衛生士、管理栄養士、牧師など多職種で構成されたチームで対応いたします。
入院中の患者さんには週1~2回(主に火曜、金曜)ベッドサイドに伺っています。加えて、症状や苦痛の強さに応じて適宜チームメンバーが伺います。

緩和ケアチーム外来(月~水、金)

当院外来通院中のがん患者さんの苦痛に対しても、主治医や看護師からの紹介がありましたら、外来診察室にてチームメンバーが診察いたします。必要に応じて検査や処方を行います。
身体症状に限らず、ご自宅で安心して過ごしていただけるような方策や医療資源の導入、医療費助成につきましても、提案させていただいています。
開業医や訪問看護ステーションからの依頼に応じて、患者さんのご自宅に伺うことがございます。ただし、患者さんやご家族のご依頼による訪問は控えさせていただいております。ご了承ください。

緩和ケアカンファレンス

チームメンバーが一同に会して、対象となる患者さんの苦痛・問題点を評価し、対処法を検討します。病棟にて主治医や看護師とともに検討の場を設けることがございます。

医師紹介/実績紹介