グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 診療科・センター・部門・専門外来  > 外科系  > 整形外科・スポーツ整形外科

整形外科・スポーツ整形外科

診療体制

部長:船越雄誠

スポーツ医学・膝関節外傷の診療は船越、滝、鈴木、小林が担当している。当院はプロサッカーのジュビロ磐田と94年からサポート契約を結んでいる。
近隣スポーツチームからの相談も多く中高校生レベルからプロまで多くのスポーツ外傷の治療を行い、理学療法士との連携を密にして選手の早期復帰に貢献している。
浜松大学へトレーナー養成指導のため出向することや、静岡産業大学、聖隷クリストファー大学で講義を行うことで、新しい人材の育成に尽力している。滝は日本ゴルフツアー機構の医事委員としての活動も行っている。地域でスポーツ医学等に関する講演会も頻繁に行い、指導者や選手、地域のトレーナー達への啓蒙をしている。

主な対象疾患

船越、鈴木、小林、滝、が担当しています。小中高校生から高齢者、スポーツ愛好家からプロ選手に対し、主に膝・足関節を中心としたスポーツ外傷に対し、最新の知見に基づき最良の治療を行っています。手術から試合復帰までの治療をアスレチックトレーナーと連携しながら早期復帰を目指します。また、当科はジュビロ磐田と1994年からサポート契約を結んでおり、医療サポートをしています。

  1. 膝前十字靱帯損傷
  2. 膝半月板損傷
  3. 膝蓋骨脱臼
  4. 膝複合靱帯損傷
  5. 疲労骨折
  6. 腰椎分離症
  7. 鼡径部痛症候群(グロインペイン)
  8. 足関節靱帯損傷(捻挫)
  9. 肉離れ
  10. 変形性関節症

専門外来のご案内

完全紹介制
紹介状を持参ください

検査と治療の特色

関節鏡下手術

靱帯再建術や半月板の治療などを関節鏡を用いて、低侵襲に行います。
年齢やスポーツ活動に応じた最良の治療をします。

スポーツ外傷による骨折や疲労骨折に対する外科的治療

骨を癒合させることだけでなく、より低侵襲に早期復帰や再発予防ができるように治療します。

アスレチックトレーナーと連携

スポーツ障害の復帰には、リハビリテーションが非常に重要になります。
当院所属のアスレチックトレーナー/理学療法士と連携して、ベットサイドから試合復帰まで選手をサポートします。

医師紹介/実績紹介