グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 病院案内  > 活動と特色  > 【医療関係者向け】地域医療連携

【医療関係者向け】地域医療連携

更新日:2022年1月7日

厚生労働省は質の高い医療を行うことを目的に、医療機関の役割分担を進めています。
当院は救命救急センター・地域医療支援病院の指定を受け、24時間体制で入院・手術等、また、専門的な検査や治療が必要な患者さんに対して急性期医療を担う中核病院としての役割があります。この役割を担うために、外来診療は「かかりつけ医」や「他の病院」から紹介予約をいただくなど、各々の医療機関が役割分担する「地域連携型の医療」を目指しております。その連携の窓口として、ご紹介いただいた患者さんのさまざまな情報を迅速かつ適切にお知らせをすることを目的に地域医療連絡室「JUNC」が設置されています。


お問い合わせ先

地域医療連絡室「JUNC」
【平日】8:30~19:00 【土曜日】8:30~13:00 ※日・祝日は休み
TEL:0120-107-352 / FAX:0120-107-362 

医療機関からの患者さんのご紹介手順

医療機関から当院へ初診でかかる患者さんの紹介手順になります。
紹介状をお持ちで医療機関から受診の予約をされていない方は、「外来受診」をご覧ください。

原則、医療機関様より地域医療連絡室「JUNC」にお電話でご連絡ください。
「JUNC」より予約の日時をご案内いたします。
問い合わせ先:0120-107-352

聖隷浜松病院外来受診・検査申込書」に必要事項をご記入いただき、紹介状(診療情報提供書)と一緒にFAXをお送りください。
問い合わせ先(FAX):0120-107-362
※原則2日前までに、紹介状と申込書のFAXをお送りください。

患者さんには「紹介患者予約券」をお渡しください。
※当院へお越しの際、「紹介患者予約券」を1受付へ提出するようお伝えください
※この際、1受付で記載する「診察申込書」は不要です

各種書類のダウンロード

紹介用紙

新生児紹介用紙

がん生殖 診療情報提供用紙

がんゲノム外来 受診申込書

受診申込については、「がんゲノム外来」をご覧ください。

予約について(※セカンドオピニオン含む)

  • 初診・予約変更・取消しの際には紹介元医療機関より「JUNC」までご連絡ください
  • セカンドオピニオンについての予約はこちらをご覧ください
電話:0120-107-352FAX:0120-107-362

ご予約できる診療科については外来医師担当表をご覧ください>

<ご予約できる検査は以下の検査です>


当日の診察状況(緊急患者対応など)によっては予約時間どおりに診察ができない場合があります。

問診票

婦人科 H・ART・産科・てんかん 外来ご予約時には事前に問診票の記載をお願いしています
各種問診票はこちらよりご覧いただけます

地域連携パス

脳卒中地域連携パス

2008年6月より「静岡県西部広域脳卒中地域連携パス」を作成しました。このパスは紹介状、データ用紙、再発予防ノートの3分構成となっており、体裁はパスポート形式を採用、患者(家族)様自身にも診療の際に携帯していただくことで必要な情報が切れ目なく受け継がれていく運用となっています。
「静岡県西部広域脳卒中地域連携パス」の詳細はこちら

がんの地域連携パス

2011年6月より「がんの地域連携パス」が始まりました。がんの地域連携パスとは、地域のかかりつけ医(診療所)と病院が患者さんの治療経過を共有できる「治療計画書」のことをいいます。がんの地域連携パスを活用し、かかりつけ医と病院の医師が協力して患者さんの治療を行います。
「がんの地域連携パス」の詳細はこちら

浜松肺炎地域連携パス

2021年4月より「浜松肺炎地域連携パス」が開始しました。肺炎の患者さんに対して地域の病院と連携施設・維持療養施設(かかりつけ医等)が連携し、患者さんとともに治療・療養生活をおこなっていくための運用となっております。

「浜松肺炎地域連携パス」の詳細はこちら

地域連携WEB勉強会

地域の医療従事者の皆さまと共に、治療や疾患に関わる知識を深める機会をつくりたいと、このたび「WEB勉強会」を定期的に開催させていただくこととなりました。会場への移動がないため、ご自宅などでパソコンやスマートフォンを用いて、手軽にご視聴いただけます。
皆さまのご参加を心よりお待ちしております。
  • ウェブ会議システム「Zoom」(ウェビナー)を利用して開催します。
  • ご視聴は無料です。
  • スマートフォンでの視聴には専用アプリが必須、パソコンの場合も利用をおすすめします。
     >>専用アプリ(ZOOM Cloud Meetings)ダウンロードはこちら
  • 講演後に質疑応答の時間を設けております。チャットからご質問いただけます。
  • 事前申込制です。下記当該セミナーの申込フォームよりお申し込みください。参加用のURLを返信メールにてご案内いたします。
    (しばらく経ってもメールが届かない場合はご連絡ください)

開催スケジュール

開催日時テーマ講師申込フォーム
2022年1月26日(水)
19:00~19:45
「胃癌に対するロボット支援手術」上部消化管外科
戸松 真琴
█ こちらから █
ヘリコバクター・ピロリの除菌により胃癌の罹患率は低下し、検診の普及で早期発見されることで胃癌に対する手術症例は減少傾向です。その一方で手術適応となる症例では高度進行例が多く存在しています。進行胃癌には術後補助化学療法を含めた集学的治療が重要であり、侵襲が小さく安全な手術の重要性が高まってきました。進行胃癌に対する腹腔鏡、ロボット手術といった低侵襲手術について手術動画を含めご紹介させて頂きます。
2021年12月24日(金)
19:00~19:45
「当院リウマチセンターが寄与できること」
~リウマチ、乾癬を中心に~
膠原病リウマチ内科
宮本 俊明
終了しました
現在のリウマチの治療目標は、治療薬、治療方針の進歩により、関節破壊、機能障害の進行を完全に停止させるといった長期的改善、いわば‘発症前の生活をすべて取り戻す’ことです。ただしそのためには早期診断、早期治療開始、早期目標達成が重要なキーワードであると同時に、個々の心理的、社会的側面にも積極的に介入することが重要です。そのような治療目標達成には諸先生方との病診連携が極めて重要と思います。リウマチ、乾癬についての最新治療についてご説明すると同時に、病診連携により当院リウマチセンターが諸先生方に寄与できることをご説明させていただきます。
2021年11月24日(水)
19:00~19:45
「膵がん診療の現状と課題」消化器内科
小林 陽介
終了しました
膵がんの罹患率は年々増加傾向にあり、死亡率も軒並み上昇しています。未だ根治の難しい不治の病ですが、治療薬の進歩、術前化学療法、遺伝子検査など診療も様々変遷してきています。また、早期発見のためには地域が連携し取り組んでいく必要もあります。身近に潜む膵がん診療をテーマに、診断から治療、今後の課題も含め情報共有頂ければと思います。
2021年10月1日(金)
19:00~19:45
「糖尿病性腎症について」腎臓内科
三﨑 太郎
終了しました
腎疾患は、放置すると末期腎不全に至り透析が必要になる可能性があります。早期から腎専門医が介入することで腎不全の進行予防のお手伝いが可能です。患者教育や投薬により症状が安定した後逆紹介致します。また、必要に応じて併診させていただきます。まずは勉強会にご参加いただき一緒に地域連携について学習できればと思います。(共催:協和キリン株式会社)
2021年8月25日(水)
19:00~19:45
「失神/一過性意識消失外来について」てんかん科部長
藤本 礼尚
終了しました
多くの人が意識を失うにも関わらず「何科に行けば良いのかわからない・・・」となり、受診せず曖昧なまま、もしくは検査で終了となっているかもしれません。そのような方が迷うことなく受診できるよう窓口を一つにし、てんかん専門医と循環器専門医が脳と心臓からのアプローチを行うべく、外来を開設しました。
2021年7月30日(金)
19:00~19:45
「鼠径部ヘルニア(脱腸)の診断と治療」ヘルニアセンター長
宮木 祐一郎
終了しました
最も身近な外科疾患の一つである鼠径部ヘルニア。治療方法は手術加療のみ。徐々に膨隆が大きくなり疼痛を伴う。時に嵌頓を起こし緊急手術へ。問診・理学所見・超音波検査による診断、腹腔鏡を用いた低侵襲手術による治療。ハイボリュームセンターでのヘルニア診療をご紹介します。

医療関係者向け勉強会

開催日時テーマ講師申込フォーム
2022年1月31日(月)
18:30~19:30
褥瘡の管理と治療①聖隷浜松病院 看護部
皮膚・排泄ケア認定看護師 太田川 沙織
②聖隷浜松病院 形成外科
部長 雑賀 厚臣
█ こちらから █
①スキンテア
スキンテアとは、摩擦・ずれによって皮膚が裂けて生じる創傷で、高齢者などの脆弱な皮膚の四肢に発生します。また、強い疼痛を伴うという特徴があります。今回は、予防方法と受傷後のケア方法をご紹介します。
②骨髄炎を合併した褥瘡の見分け方 その予防と治療
褥瘡の中でも骨髄炎を併発した褥瘡は診断と治療に苦労することが多いです。骨髄炎の見分け方と治療法をご紹介します。その予防法と、骨髄炎にさせないための工夫についても考えていきたいと思います。





化学療法レジメン一覧

聖隷浜松病院がん化学療法レジメンは、レジメン内容を保険調剤薬局薬剤師などが、服薬指導管理等で利用するために公開するものです。
詳しくは以下の「保険薬局の皆さまへ」をご覧ください。

お問い合わせ先

薬剤部
【平日】8:30~17:00
TEL:053-474-3433 / FAX:053-474-0115