グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 病院案内  > Webマガジン「白いまど」 (YouTube 「聖隷浜松病院チャンネル」)  > 2021年度  > 11月 新生児科/新生児集中ケア認定看護師

11月 新生児科/新生児集中ケア認定看護師

更新日:2021年11月1日

【診療科・センター紹介】新生児科

あかちゃんとご家族のために

ヒトの人生で最も命の危険があるのは出生時であり、日本では5分間に1人の割合で蘇生を必要とするあかちゃんが生まれています。新生児科は分娩時のあかちゃんの蘇生や、病気のあるあかちゃんに対する新生児集中治療室(NICU)での高度集中治療や周術期管理、新生児専用救急車による救急搬送を行っています。あかちゃんがNICUに入院することはご家族にとって大変心労の多いことであり、ファミリー・センタード・ケア※の概念をもとにご家族を医療従事者のパートナーと捉え、治療方針の説明やご家族の意思決定支援を行っています。すべてのあかちゃんの人生が輝くために、看護師、臨床工学技士、臨床心理士、社会福祉士、薬剤師、理学療法士や地域の医療機関と連携をとっています。また退院後もフォローアップ外来や医療的ケア児外来で成長やよりよい在宅医療の確認を行っています。
※あかちゃんの集中治療と並行して、早期の親子やご家族の関係構築を行うケア

文責:新生児科 部長 杉浦 弘(後列左から2番目)

【診療を支えるスペシャリスト】新生児集中ケア認定看護師

生きる力と育む力をサポート!

NICUに入院されているあかちゃんは、産まれてすぐにご家族と離れて入院生活を送ることになります。あかちゃんは言葉で気持ちを訴えられませんが、症状や体の動き、表情などさまざまな反応で心地よさや嫌なことを教えてくれます。新生児集中ケア認定看護師は、ご家族やスタッフがあかちゃんの示す小さな反応を上手に捉えて適切なケアを実践できるようにサポートし、あかちゃんの病気からの回復と健やかな発達につなげていきます。私たちは、早産のあかちゃんやご家族の幸せな人生を願っています。
文責:看護部 寺部 宏美(写真右)・杉野 由佳(写真左)・齊藤 貴子

2021年11月号(冊子)

表紙・特集
わが街で健康に暮らす17
患者さんは、受ける治療を合理的判断で選択できるのか
インフォメーション
診療科・センター紹介
新生児科
診療を支えるスペシャリスト
新生児集中ケア認定看護師

アーカイブ