ご意見 
[治験に関わってみて]
 
 
同じ名称の治験薬を内分泌と眼科と2科にわたっていることで、混乱を防ぐために努力されたと思います。(院内)
治験の患者さまの情報が(検査時にどこまでの経過なのか)あまりないまま検査しているというところが少し驚きました。(院内)
早口で聞き取りにくかった。(院内)
大変勉強になりました。(院内)
混乱しやすい状況が大きな問題と思います。可能なら同名称薬の同時期の受け入れを避けることはインシデント回避の初歩だと思います。また、実施の対応等は第V者(CRCなど)の意見も取り入れるべきでないでしょうか。(院内)
検査で結果表示がふつうと異なるのは確かに困ることですよね。心中お察しします。(院内)

 とにかく座っていてください、部長。
難しい検査をこなしていると思った。(院外・医師)
取り組みが良くわかりました。(院外)
内容があまりよくわからなかった。(院外)
多忙な中の調整が伝わりました。(院外)
現場の状況を伺い知れた。(院外)
検査の再現性に対するご苦労が良くわかりました。(院外)
治験では通常検査とは違い、苦労が多いとわかった。プロトコルを遵守することの難しさを理解した。(院外)
検査するだけになりがちであるというお話でしたが、ほとんどの部署がそのようになりがちかと思います。しかし、それに留まらずより良い方法を検討しようとする意識の高さはどこから生まれてくるのでしょうか? 見習いたいです。(院外)
多忙な業務の中で同じ薬の治験をされたご苦労が聞けて参考になりました。(院外)
視力表がわかりにくいものを使う必要があるのかな?(院外)
 
眼科での治験では特殊な検査が組み入れられた。実施に当たり、前準備を十分行われていたことが良くわかった。実施中でもさらなる向上を目指し、問題点の洗い出しと対応を考えられていることが「もうちょっと」というまとめの言葉にでていると感じられた。(治験依頼者)
治験が混乱を招く例を提示していただいて参考になりました。(治験依頼者)
新しい機器の慣れ等、連携が取れていてすばらしく感じた。(治験依頼者)
新機器の導入と治験が重なる場合、エビデンスのとり方が苦労すると感じた。(治験依頼者)
ルーチンの観察と違う検査を実施するということは、大変な負担をかけてしまうものだと実感しました。依頼者としても工夫してお伝えしたいと思います。(治験依頼者)













戻る