ご意見 
[治験に関わってみて]
 
特定療養費制度について
 

勉強になった。(院内・医師)
簡潔に分かりやすく説明してもらった。(院内)
治験請求にかかわる特定療養費の位置づけがわかりました。(院内)
制度が適応されるところとされないところがあることを初めて知った。(院内)
実際に自分(本人)もしくは近親者が治験に参加する際に詳しく知りたいです。(院内)
もうすこしわかりやすく説明して欲しい。(院内)
理解していたので復習になりました。(院内)

 
なかなか大変なことだと思った。事務職、CRCもNs.もしっかり理解していないといけない。(院外)
非常にわかりやすく、根幹を理解できた。(院外)
例外の部分も聞いてみたかった。(院外)
注意を促すことが出来た。(院外)
特定療養費制度の複雑な請求の仕方も理解しなくてはいけない。(院外)
いつまでたってもよく理解できません。(院外)










PCの下にホコリたまってるよ。
特定療養費制度について、必要かつ十分な内容を盛り込んだ内容であったかと思います。実際に事務部の方のご協力があってこそ、円滑な治験が運営されていくものだと感じました。(治験依頼者)
同意取得から治験薬投与開始前日、投与終了後から後観察終了の制度外の取り扱いの詳細を伺いたく感じました。(治験依頼者)
費用については初めにきちんと決めておくミーティングが必要と思う。(治験依頼者)
今後、複雑な治験が増え、範囲、期間等、固有な対応をお願いすることになるかもしれません。(治験依頼者)











戻る