ご意見 
[治験に関わってみて]
 
外来医事課からの発表について        コード踏んでない?
 
発表も上手 とっても勉強になりました。全く知らないことでした。(院内・医師)
あまり聞いたことがなかったので話が聞けてよかった。事務方もチームを意識できるのは良いと思う。(院内)
本来の算定と治験算定の対象者の違いをどのようにわかりやすくするか。CRCと医事課のコミュニケーションツールは?(院内)
わかりやすく正直な意見でした。(院内)
医事課として参加している喜びに感じていること、スキルアップにつなげようとしている気持ちを大切にしているなと思いました。(院内)
会計に関して細かい注意を払わなくてはならないところが良くわかりました。(院内)
わかりやすかったです。手入力処理のため、ミスが許されず大変だと思いました。(院内)
実際の医事課の業務を知り、勉強になりました。発表の方は非常に前向きに取り組んでいましたが、スタッフ全員にまで本当に浸透しているのか、していればその方法を知りたいなと思いました。(院内)
通常との違いと面倒なところも良くわかりました。通常よりも数少ないケースだからこそ、よりわかりやすく単純にしたいと考えます。(院内)
 
レセプト作成の様子が良くわかった。(院外・医師)
当院ではタイムリーに処理できないため、事後に返金という形をとっています。医事課の協力があってこそ、タイムリーに会計でき、事務部門の意識も高いことを感じました。(院外)
全ての医事課スタッフが特定療養費の入力が出来て素晴らしかったです。(院外)
何回も話し合いをして落としのない様にしていきたい。大事!(院外)
会計業務の仕組みや大変さがわかりました。(院外)
治験での医事課の役割が明確になった。(院外)
実際に「めんどう」だという正直な感想、緊張感という前向きな発表が良かったです。(院外)
チームの一員としての関わりを持ち、自覚している。(院外)
医事課の方も、治験での間違いの無い様、いろいろ工夫されていることが良くわかった。(院外)
普段どのように会計処理を行っているかを知ることはなかったのですが、とても貴重なお話でした。(院外)
実際の入力画面で、どのように入力されているか聞けて参考になりました。(院外)
SNOの付け間違いが心配。めんどうくさいけどがんばってください。(院外)
なかなか聞けない会計医事の一端を聞かせていただき面白かったです。(院外)

医事課として患者さまへ負担をかけないよう(ミスや料金の増加、返金など)しっかり認識され、行われている感じがよくわかった。(治験依頼者)
実際、あまり耳にしない会計業務をご紹介いただき大変感心させられました。特にSNOと項目ごとにワープロ打ちをして精算業務を行っていることには業務の大変さを感じました。(治験依頼者)
SNOの指定のコメントの入力はどなたが対応しているのでしょうか?手入力の過程が少しでも減るとより良いと感じました。(治験依頼者)
医事課の処理方法等、全く知らなかったためどのように治験と通常の処理を区別しているか理解できた。(治験依頼者)
今まで見えていない業務でしたので、今回具体的に示していただきよく理解できました。(治験依頼者)
治験と請求のすみわけは大変であると理解できた。(治験依頼者)
実際の処理がどのようになされるか初めて知りました。会計課の方にも明確になるよう(依頼者負担範囲)資料を作成しなければと思います。(治験依頼者)

















戻る