ご意見 
[治験に関わってみて]
 
その他の感想・ご意見
 
  各職場の取り組みや苦労が良く理解できた。ただし、研修としては治験の意義や重要性、患者さまはもちろん各職場においてのメリット、デメリットについての話をじっくり聞きたいと感じた。
GCPに関わってサービスの見直しができたとか、スキルアップにつながったというのは副次的なもので、何故GCPが必要なのか、病院として何故参加するのかといったGCPそのものに対する話題が取り上げられるのが研修の本来ではないかと感じられた。
不完全燃焼。(院内・医師)
  毎回、短時間で十分な内容の講演に感心します。
劇団は毎回なくてもよいと思う。テストもないほうがよいと思う。
  より多くの職員に「治験」を理解してもらう必要性を感じました。
もちろん、今でも努力されているのはわかりますが・・・(院内)
  一つの治験に多くの部署がかかわっていることを再認識でき、チームワークの必要性を感じました。(院内)
  スタッフは是非聞きたいと思う研修会ではないため(すみません)、1時間半ですと更にひいてしまいます。1時間が良いですね。テーマである「治験はチーム医療」がよくわかりました。(院内)
  「治験とは…」という長い話を毎回聞かされている。現場のメリットはないのね。(院内)
  勉強になりました。ありがとうございました。アンケート用紙ご意見・感想のところは必ずしも書かないといけないのでしょうか? もしも意見などあったらということでもよろしいですか? 3分じゃ書ききれないと思います。(院内)
  治験は自分にとってあまり関係が少ないと思っていましたが、コメディカルにとっても深く関係があることが分かりました。(院内)
  患者さんの、治験を受けてみてこんな所が助かった、嫌だった、良かった等今後に活かせるような生の声が聞きたいと思います。(院内)
  治験を依頼する側より必要なデータを得るために、ルーチン外のことをルーチン業務をしながらきっちりとやっていかないと必要なデータが得られない。一つ一つの業務を流れ作業ではなく、きっちりとする癖、業務のやり方をしていればいいのだが、なかなか人間的にその辺が難しいということが再確認されました。(院内)
  治験を行うことにより病院としてどれだけの効果、利点、収益等があるのか知りたい。やはり治験を行うにあたってのメリットを形として出ていれば、病院全体、スタッフの関わりが変わると思います。(院内)
  現場の生の声が聞けてよかったです。また、アイデアと内容が留まったら、今日のようなシンポジウムも良いと思います。(院内)
 そうだ、トンガに行こう。
  もう少しDr.の声も聞きたいと思った。(院外・医師)
  初参加であったことと、委員会委員であまり治験の詳細までは精通していなかったので、何とも感想が言いにくくてにみません。(院外・医師)
個々の部門の評価は私自身できませんが、細部にわたり治験を完遂するには各部門が緻密に連携いていかねば真のチーム医療の達成にはならないことがわかりました。各部門の発表者の方々が治験を実施したことにより大きな評価を受け自信を持っていることが聞くものに感動を与えてくれました。
目の前の病人を救う、この技術を将来にわたり進化進達させるにはどれほどの基礎データが必要なのか。
「治験」の技術進歩への貢献を痛感しました。
聖隷浜松病院が患者さまに共感が得られていることに納得しました。
次回を期待しています。(院外)
  各職場の方の協力体制が取れていて素晴らしいと思います。当院でももう少し協力的であればとうらやましく思います。(院外)
  いつも楽しみに参加させていただいております。毎回、研修会の主旨が理解できるよう、内容がよく考えられていると思いました。継続して実施していただきたいと思います。(院外)
  治験はいろんな職種のかかわりが重要。このような各職種の方の発表をすることでそれぞれの人が、より一歩意識して協力し合っていけると思った。(院外)
  ありがとうございました。私たちもホームページや院内サイボーズにてもっと伝達していきたいと思いました。(院外)
  各部署にてどのように治験に関わり、工夫をしているかが良くわかりました。また治験が院内で上手く協力し合いながら行っている様子を実感しました。(院外)
  今まではCRCについてのことしか考えていませんでしたが、チームで行っていかなければならないということを身にしみたセミナーでした。(院外)
  ひとつの発表が少し短く、もっと詳しく聞きたいと思うことがありました。(院外)
  どの部署においても各担当者が治験に対する意識を持って取り組んでいる姿に驚きました。
当院でも各部署で十分な協力が得られれば、より良いデータが取得できるのではないかと思います。(院外)
  非常にチームワークが取れていて素晴らしいと思います。(院外)
  同意の受けられる割合について、小久保先生の意見は好感度アップだった。(院外)
  被験者の近くにいるCRCががんばっているが、チームとしての参加意識が高いことに驚きました。
協力したことにより各職種の方々のやりがいを見つけられることがうれしい。次のステップに繋がっていると思います。(院外)
  普段治験参加にあたり、コーディネートする立場にありますが、他部門の方々の協力をどのようにしたら得られるのか、ミスをなくすことができるのか悩みの多い毎日です。
他部門の方々の取り組み等をお聞きしてもっとコミュニケーションを図り、信頼し、意見を聞くことが大切だと思いました。(院外)
  治験に関わってみると、医療はチームであるということを痛切に感じます。
今回のセミナーで学んだことを自施設に持ち帰り、参考にしたいと思います。(院外)
ゴルゴ 13.1.42 Sarvice Pack4.2
  治験は病院が行う業務のひとつで、Dr.に関し患者は診るが治験はめんどくさいから嫌だということは許されないのではないか。給料は治験の分も入っている。(院外)
  CRCとCRAの役割の明確化(治験依頼者)
  良い治験とは、よいスタッフが作り上げていくものだと感じました。今後とも地域の治験活動をリードしていきつつ、日本の治験もリードしてください。(治験依頼者)
  チームでの対応を垣間見ることが出来、非常に参考になりました。ネットワークを介した治験での問題点の洗い出し、研修の実施についてもご検討いただけますと幸いです。
本日はありがとうございました。(治験依頼者)
  今回、現場の意見を聞かせていただき、貴重な体験となりました。(治験依頼者)
  今後も機会があれば参加させていただきたい。(治験依頼者)
  依頼者(私はCROですが)は医療現場を良く知るべきだと思いました。(治験依頼者)
  現場の生の声が聞けてよかったです。今後も起きた問題、解決への取り組みについて情報のシェアを行っていただきたいと思います。(治験依頼者)
戻る