ご意見 
[治験に関わってみて]
 
放射線部からの発表について
 
治験に限らず、放射線の撮影はとても気を使う厳密なものであることがわかった。(院内)
自分が関わる治験が全ての人の助力になる事を認識できました。(院内)
放射線部としての注意点が良く分かりました。(院内)
撮影方法の研修会をされたことに驚きました。研修会に参加することで、良いデータを依頼者に提出し、治験の業務を行っていることがわかりました。(院内)
検査前段階での調整、研修等、大変さと意気込みを感じました。(院内)
わかりやすかったです。(院内)
アメリカを恐れるな。(院内)
放射線の撮影という部分でも、治験が関わっていて、自分自身も治験被験者の撮影を行えたらと思った。もっと講習会をいろんなところで何回か行えば良いのにと思った。(院内)
装置についても同一のものを使用したのか? 装置の精度管理は?(院内)
次回の機会では、スライド確認をゆとりを持ってする様、心がけ増す。(院内)
 
おやつOKエサOK あれ…     逃げた…
 
精度管理をしっかりしていると思った。(院外・医師)
全国統一の撮影法で、米国で評価されることは、業務の精度管理が行われることなので、病院としても治験実施にはメリットだと思いました。(院外)
現場の状況を伺い知れた。(院外)
当院にも参加部署として考えたい。(院外)
通常のX-Pの撮り方とは違っていないが、グローバルな評価ということで燃えた姿が素晴らしい。(院外)
治験チームとして参加することで、意識の向上が図れたという意見でしたが、治験の目的に「医療の質の向上」があり、まさしくこれかなと感じました。(院外)
通常業務の中でスムーズに条件等設定して行っていくために工夫されていて、参考にさせていただきたいと思いました。(院外)
細かい指定は大変だと思います。シールはどこに貼って、次回の来院時はどのように勤務調整をされるのでしょうか?聞いてみたかったです。(院外)
具体的で参考になりました。(院外)
治験内の放射線業務というのはあまり聞いたことがなかったので、大変興味深かったです。(院外)

多施設共同で行われる治験が第U相以降ではほとんどであり、多施設間で統一を取るため撮影条件を撮影していただく方々に一同に介していただく講習会を行うことは統一化のために大切であり、これを十分ご理解し、逸脱をなくした治験に取り組んでいこうという思いが感じられた。(治験依頼者)
逸脱を防止する取り組みを積極的に行っており、素晴らしいと感じました。(治験依頼者)
協力体制についてしっかりと構築されており、重要性を再度感じました。(治験依頼者)








Auuuuuuu戻る