ご意見

治験責任医師、分担医師の業務について
・労多し。(院内・医師)
・大変お話が上手で、楽しく聞けました。医師の本音(?)も聞けて、興味深かったです。(院外)
・Dr.の意見が聞けてよかった。(院外)
・日常診療を実施しながらの治験業務の多さを改めて認識しました。(院外)
治験コーディネーターの業務について
・当院では、CRCと実施を行う人数が少なく、兼務しているのが現状である。(院外)
・具体的なお話ありがとうございました。(院外)
治験事務局の業務について
・こちらも大変ですね。(院内・医師)
・具体的な業務(朝からどのような業務を行っているのか)の紹介があり、大変参考になりました。(院外)
・具体的なお話ありがとうございました。(院外)
・事務局の大変な1日がよくわかりました。片手間ではとてもできないことがわかりました。(院外)
・一日のスケジュールが把握できました。(院外)
モニタリングについて
・現場とのはざまで大変そうですが、今日の医療を取り巻く多忙な状況に比べ、陽気な印象をうけました。(院内・医師)
・今回のモニターさんのお話は、具体的でとてもわかりやすかったです。(院外)
・困った事例を出していただき、実務をするにあたり、とても参考になりました。(院外)
・困っている事例が聞けてよかった。(院外)
・メーカーさんの意見もわかるが、そうならないためのメーカー側の工夫や、よくするための前向きな提案などが聞けるとよかったです。(院外)
・事例紹介が具体的でわかりやすかったです。(院外)
その他
・聴講して研修したことになるのでしょうが、GCPを忠実に守って治験を行うと、日常業務にかなりの支障を来すのでは?と心配になります。もう少し、現状に即した基準を作れないですか?また、責任医師、分担医師の責任および負担の多さに対する「return」が皆無では、恐らくはこれは普及しないと思います。「医療崩壊」といわれる程の現場状況に、これだけ煩雑な基準を持ち込む感性を疑います。キツイ事言ってすみません。(院内・医師)
・今までなんとなくわかった気になっていました。改めて基本からきちんと話を聞けてとてもよかったです。またある程度の期間をおいて参加するようにしたいです。(院内)
・理解度テストがあり、治験用語が添付されていましたので、わかりやすく、なんとなく理解していたものが具体的に学べました。(院内)
・とてもよくわかりました。参加してよかったです。(院内)
・海外(アメリカ)と日本の新薬承認までの違いについて(内容・期間など)。(院内)
・ユーモアを交えた説明で、とても興味深く聞くことが出来ました。ありがとうございました。(院内)
・基本的な部分が今回の内容として多かったので、身近なものとして感じ取れ、よく理解できました。ありがとうございました。(院内)
昨年に続き、基本編に参加しましたが、2回目のためか非常に内容が良くわかりました。繰り返し行うことは有意義であると感じました。事務担当職員ももっと参加すべきと思います。広報がんばってください。(院内)
・治験責任医師、CRC、治験事務局、治験依頼者、それぞれの考えを知ることができて、大変勉強になりました。CRCの方は"患者さまにボランティアで参加いただいている"ということを、やはり一番大切にされていることが伝わってきて、今後の参考になりました。ありがとうございました。(院外)
・16回まで継続して開催されていることは素晴らしいことだと思います。事例分析のようなものを含む応用編にも期待します。(院外)
・大変勉強になりました。また機会があれば参加させていただきたいと思います。(院外)
 
ご協力ありがとうございました。
聖隷浜松病院 臨床研究管理センター
大物狙いにはまってま〜す♪