第18回GCPのもとでの治験研修会
プログラム 出席者数 アンケート結果 ご意見

 

「放射線部からの発表」について

  • 理論的で参考になった。(医師)
  • よくわかった。(医師)
  • 治験の条件をみたすために、様々な努力をしているということがわかった。(院内)
  • 努力しながら撮影、機器の操作を行われていることが理解できた。(院内)
  • 技師さんの質の高さなどわかった。(院内)
  • 動画など、さすがに画像がきれいでした。(院内)
  • ユーモラスにあふれ、興味深い発表だった。(院内)
  • 治験によって新たな観察が出来たなど、治験を行っていく上での発見などがあったことなど良いことがあるということと、当院にはすごい最新機器があるんだということがわかりました。その機器が生かせると良いですね。(院内)
  • 治験に放射線部の方がこんなに関わっているのを初めて知りました。画像がとても興味深かったです。(院内)
  • 3Dなどの画像が出来ることも知っていたが、結構精密にできることがわかった。画像1つも大変なんだと理解することが出来た。(院内)
  • 興味深く聞けましたが、時間が長いですね。(院内)
  • 治験への関わり、日頃の業務が良く理解できた。(院内)
  • スライスの仕方により、病変の見え方が違って見えることに驚きました。(院内)
  • 放射線部の専門的な技術の素晴らしさを知りました。効果が「目で見える」画像はスタッフにとってもPtにとっても、とても大切なものなのでこれからも頑張っていただきたいです。(院内)
  • 撮り方によって病変の大きさが違ってくるとは!とてもおもしろい最新のものを見せていただきました。(院内)
  • 画像の進歩はすごい。(院内)
  • 放射線部で正確にX−Pを撮る事の大切さがよくわかった。CTでの腫瘍の大きさが撮影で違いが出ることがわかった。(院内)
  • 最新のものはすごいと思います。言われていたようにいろんな分野で生かして欲しいと思いました。(院内)
  • 画像の見方、撮り方など知らなかったけれど、わかりやすい話でおもしろかった。(院内)
  • 3次元の映像で、よりリアルで腫瘍の部分などはっきりわかり、素晴らしいと思う。(院外)
  • とてもわかりやすかった。(院外)
  • 自分の専門分野以外での内容で感心させられることが多い。経験として、経過的な観察ができる点は治験のメリットだと思われた。(院外)
  • あまり深く関わらない分野の内容でおもしろかった。(院外)
  • 最新の技術を教えてくださり勉強になりました。(院外)
  • 画像では撮像の条件が多数あるため、プロトコルを細かく確認するなど、とても手間がかかることがわかりました。(院外)
  • ‘グチ’はよくわかります。先生のお話は正直もっと聞きたかったです。大変わかりやすく興味あるものでした。(院外)
  • わかりやすかった。堅苦しくなくてよかった。率直な意見が良かった。(院外)
  • 放射線の最新事情も加わり、とても楽しいと思いました。(院外)


 

←戻る戻る