治験が行われるまでの流れが理解出来てよかったです。(院内)
医師は治験に関するいろいろな事をしっかり把握していないといけないので大変だと思った。(院内)
普段、会計入力をしているだけなので、医師分担業務にふれることができてよかった。(院内)
こんなにたくさんの人たちがかかわっているのを知り驚きました。日々の診療に加えて、治験と(Dr.すべて含め)私の知らないことがまだまだたくさんあります。勉強になりました。(院内)
外来や病棟業務に追われる中、治験に関るDrは様々な業務が次から次へとあり本当に大変だなと感じました。それでも患者様の為、新薬開発のために治験に参加されてるDrはやはりすごい事をされてるんだと思いました。(院内)
業務の関係で開始時間には間に合いませんでした。(院内)
プラセボってひどくないですか?(院内)
医師の先生がGCPについて基本的理解がなされていることに感心いたしました。(院外)
わかりやすいスライドで理解できた。(院外)

   
 
治験がスムーズに行われる為にはCRCの存在が不可欠だと感じました。(院内)
 
CRCの業務の多さには毎回驚かされてしまいます。(院内)
 
より患者様に近い存在であり、すべてにおいてしっかりとした対応をしなければならないというのは、すごい知識だと思った。(院内)
 
他部署と連携し、コミュニケーションをとっていかないといけないので、大変なお仕事をされているんだなと感じました。(院内)
 
治験に関係する全ての方のコーディネートをするという仕事はとても骨のおれる仕事だと思います。様々な知識があるだけでなく、行動力や先見の目がないとできない仕事なんだと痛感しました。また治験対象患者様とのやりとりなど本当に大変だと思いました。(院内)
 
「患者が…」?「被験者が…」?(院内)
 
CRCは、臨時職員が多いですが、時間外手当は認められるのか?(院外
 
CRCの業務を知ることができてよかったです。(院外)
 
もっとゆっくり具体的に聞きたかったです。(院外)
 
 
保険外併用療養費について具体的な説明があって分かりやすかったです。(院内)
 
とても分かりやすかったです。ついお金の話になりがちですが、お金以外にもいろんな大変なことがあるんですね。(院内)
 
私たちにより近い業務なので、すごく興味がありました。知らなかった部分というのもあったので、とてもためになりました。(院内)
 
事務とは言え、かなり高度な知識が必要なんだろうな…と思いました。Drや、看護師、薬剤師、患者様、全ての方のフォローをする役割なのだと思いますが色々と日々ご苦労されているだろうと思います。その分他方面の方々との信頼関係が築けているように感じました。すばらしいです。(院内)
 
CRC+事務ってことでしょうか?(院内)
 
新SOPの書式マニュアルの作成(院外)
 
具体的な会計の話がありわかりやすかったです。(院外)
 
 
 
治験依頼者(モニター)側の業務について知らなかったので話を聞くことができてよかったです。(院内・医師)
 
人を使った実験なだけに大変だと思うけど良い薬を作るために頑張って欲しい。(院内)
 
病院との連携が大切な業務なんだなというように感じました。(院内)
 
お話があった内容以外にも様々な努力、行動をされているのではと思います。様々なケースを想定して(患者様を中心にして)様々な角度から動いていらっしゃるんだなと感じました。(院内)
 
 
 
初めての参加でした。“治験”という存在は知っていても、具体的にどんなことをしているのかは、あまり分かっていませんでした。今回参加させて頂き、全体的に大まかに何をやっているのかがわかった気がします。(院内)
 
実際の被験者(だった?)の方の立場からみた治験のお話が聞けたら聞いてみたいです。
 
初めての参加でしたがとてもわかりやすかったです。各々の発表時間が丁度よく、頭に入りやすかった。ありがとうございました。(院内)
 
治験のことを少しでも理解できてよかった。治験を身近に感じられるようになると思う。大変な労力などを費やしていることを理解し、検査にミスのないようにしようと思った。(院内)
 
治験に関して何も知らなかった私も何度か参加するうちに少しずつ分かってきました。(院内)
 
基礎知識として、非常に良い内容であったと思う。概要が良く理解できた。(院内)
 
また1つ知識が増えました。治験→研究された薬を人に試験する治験となんとなく理解していましたが、とても大変な段階を経て、多額なお金を使って1つの薬が出来ていることを知り、少し人体実験的な感覚がありましたが、色々な体制がとられているので、安心しました。日本では厳重なため高額な費用がかかり治験が進まないことが改善されたくさんの人に理解され様々な患者様の病気が治るように薬が開発されることを祈ります。私にも参加できそうな治験があれば参加し、家族にもすすめようと思いました。(院内)
 
今回の勉強会では、治験に対する基礎的な知識を得る意味で大変参考になりました。院内の職員にさらに広くこの内容を伝えていただくようお願いします。(院内)
 
海外と日本との治験の違い(方法・期間・審査費用)海外で承認されているスタンダードな薬が日本で承認されていないのは具体的にどこがボトルネックになっているのか。(院内)
 
様々な立場の方からのお話、とても参考になりました。治験は奥が深いとは思っていましたが、本当に1日や2日では理解できない程なのだろうと痛感しました。また、多くの人間が関る治験は、人との関りを無視できない面もかなり大きく、対患者様だけではなく、チーム内の医師、看護師、検査技師、事務全ての方がいかにお互いを信頼しているかという点が重要なんだろうとも思いました。書類関連(手続きなど)も多く、業務内容もかなり膨大な量があると思います。それでも皆さんが新薬開発・承認を受けるという一つの目的の為、本当に一生懸命になってお仕事されているのだと思います。これからも頑張って下さい。(院内)
 
今まで治験にはどのような人が関っているかは知っていましたが、それぞれがどのような仕事をしているかは知らなかったので、とても勉強になりました。治験についての現状や今後の課題、また病院で働くスタッフが治験にどのように関っていくべきかをもっと詳しく知りたいと思います。(院内)
 
治験責任医師と治験協力者である検査技師を誘って参加しました。どの講義も具体的な内容で非常にわかりやすくて良かったです。(院外)
 
今回院外から初めて参加させていただきましたが、とてもわかりやすく、CRC初心者の私にとっては大変勉強になり、ありがとうございました。各部門から講義していただいたことで、治験を様々な角度から考えることができました。(院外)
 
全国的な治験の進捗状況を知りたい。東京等都市部に治験専門病院があるらしいがどのようにU・V相の治験をスピーディーに行っているのか興味があります。(院外)
 
病院全体として、治験に積極的に取りくんでいて大変参考になりました。ありがとうございました。(院外)
 
基礎ということで治験初心者として参加しました。聞きたいことがテーマだったのですが短時間だったため早口で残念です。わかってきた言葉もするするって抜けてしまって理解できなくなってしまった…。もう一度時間をもう少し長くとって同様の講義テーマをしてほしい(院外)
 
今後も研修会があれば、都合のつく限り参加したいと思いました。(院外)
 
各演者の方の話が重複しないとなお良いです。病棟・外来・各部門スタッフの方の関わりや感想についても伺ってみたいです。(CRCでなく通常一スタッフの方々)(院外)
   
 

ご協力ありがとうございました。
聖隷浜松病院 臨床研究管理センター