ご意見 

 
 
★ 治験を実施してみて思うこと
 
院内その他 臨床研究センターの歴史から話が聞けて、とても分かりやすかった。
  グローバル化によるドラッグラグの解消は、薬を望んでいる患者さんにとっては、望ましい進歩である一方、治験実施側はさらなる倫理観を持って実施していかなければならないことだと感じます。
 
 
★ 当院における治験の現状
 
院内その他 将来、自分自身が治験に参加するような立場になったとき、安心してできると思った。
  グローバル化により、選ばれる病院にならないとダメな事が分かった。
  治験は抗がん剤のイメージが強かったが、当院では抗がん剤の治験はあまり行っていないと知って意外だった。
 
 
★ 治験に係る経費について
 
院内その他 治験と臨床研究で係る費用に差がある事が分かった。
  事務班への経費配分は不要ですよ。
  とてもよく分かりました。
  治験に係わる経費についてのお話が分かりやすく、ためになりました。
 

 
 
 
★ その他、参加されての感想や今後のGCP研修に希望するテーマやご意見等ありましたら
   お聞かせ下さい。
院内その他 なかなか普段治験が身近にない状況の中でわかりやすく説明して頂いて学びとなりました。今後積極的に協力していきたいなと思います。
  歴史から現状まで知る事ができてよかった。用語集があったので言葉を理解しながら聞く事が出きました。
  全体的に分かりやすく聞きやすいお話でした。ありがとうございます。
  「治験」とは全て認識ができていませんでした。今回で多少ですけど理解できました。
  CRCの皆さん、頑張って英語を勉強して下さいませ。
  とても分かりやすい研修でした。良い薬が早く世の中に出るために臨床研究が本当に大切であるという事が分かりました。グローバル化で英語が求められる時代なので、自分自身でも英語の勉強をしていきたいです。
  おつかれさまでした。短い時間でコンパクトにまとまっていて良かったと思います!!31回ってすごい!!ありがとうございました。32回もたのしみにしています。
  同じような基本的な事をまた聞きたいです。
  知識が乏しいため、理解が不十分だと反省するところもありがましたが、どの方々の話も大変分かりやすく、勉強になりました。また、端々にチームワーク、患者様への配慮、そして倫理観が見えました。ありがとうございました。
 
 
 
 
ご協力ありがとうございました。
聖隷浜松病院 臨床研究管理センター