ご意見 

 

 

★ 治験について
 
今まで治験についてあまり知らなかったので知れて良かったです。
  治験とは何か、治験中の流れややらなければいけない事を知る事ができました。専門用語などもありましたが、治験用語集を別で配布されていてとても分かりやすかったです。
  山本先生の治験すごいですね!先生の顔が浮かびました。(笑)
  20分ですべてを説明しなければいけないので仕方ないかと思いますが、少し早口だったので話についていくのが大変でした。
 

 

 
★ 臨床研究について
 
  治験と臨床研究の違いがよくわかりました。
  適応外使用に関していいのかどうか迷うことが多かったので、「基本的にはだめ」という認識を聞けて良かったです。
  小児科では、まだ未承認の薬などを使用せざる得ないことが発生している事があるのを知りおどろきました。臨床研究を行なうまでには手順などの準備することが多いですが、今後も臨床研究に意欲的に取り組んで欲しいと思いました。
  ”包括同意”がどこまで包括されているのかもう少し詳しく知りたいです。
  久しぶりに説明を聞いて忘れていることを思い出しました。これに関わっていたなんて…。

 

 
★ 治験・臨床研究に関する費用について
 
  部門運営費の7割を占めるのは驚きでした。
  契約書、やっぱり大変ですね。契約外のカルテ閲覧…先生連絡くれてよかったです。ビックリですね。
  治験中の患者さんの窓口負担のしくみが理解できました。私も治験中の患者さんの窓口負担は\0だと思っていました。今日、勉強会に参加して違うということを知れてよかったです。
 

 

 
★ その他、参加されての感想や今後のGCP研修に希望するテーマやご意見等ありましたら
お聞かせください。
 
  ”選ばれる病院”印象に残りました。
  治験、臨床研究、費用…すでに頭から抜けているところを思い出しました。楽しく聞かせていただきました。
  また寸劇を拝見したいです。
  臨床研究に関する費用の話は知らないことが多かった。臨床研究にとても興味があるので,今後より理解を深めたい。
  勉強になりました。ありがとうございます。資料の字が小さい為、複写機側の機能での1ページ6シートだと助かります。
  臨床研究管理センターを開設するに至った経緯を知りたいです。(最初は利益が目的だったのでしょうか?)

 

 
★ セミナー開催を知った場所
 

院内デスクネッツインフォメーション

6名

院内e-seireiお知らせ

6名

院内ポスター

3名

臨床研究管理センターの職員より

5名

その他

3名
 

吉田先生アナウンス、
 

元臨床研究管理センター職員より、
 

診療科長より
 
 
 
 
ご協力ありがとうございました。
聖隷浜松病院 臨床研究管理センター