グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




MFICU

更新日:2020年12月4日

このページの目次


MFICUとは

母体・胎児集中治療室(maternal-fetal intensive care unit)の略であり、お母さんやお腹の中の赤ちゃんに治療が必要な場合や、注意深く見ていく必要がある場合に入院して頂く病棟です。

当院の特徴

24時間体制で安心サポート

総合周産期母子医療センターとして、NICU(新生児集中治療室)、小児循環器科、小児外科、麻酔科、脳外科、循環器科、救急科、内科、外科など関係する専門スタッフと協働して医療を提供します。患者さんの状況に応じた、継続的なサポートを行います。

また、総合周産期母子医療センターの産科部門として、さまざまな理由で集中管理が必要なお母さんと児を市内のみならず他県からも24時間体制で受け入れ母児の命と健康を守っています。

充実の設備

救急・手術専用のエレベーターがあるなど、1分1秒を争う患者さんにも迅速な対応できる設備が整っています。
速やかな診断と処置、適切な治療も強化され、より患者さんに安心して治療していただけます。

たまひよ活動

お楽しみエコーの様子

入院のため、母親学級に参加できなかったり、治療や身体のことが気にかかり赤ちゃんとの時間を充分に過ごせていない方も、安心してご出産いただけるようにサポートしています。それぞれに合わせた保健指導や、旦那さんやご兄弟が参加できる育児練習、お楽しみエコーや絵本の貸し出しを行っています。

グリーフケア

おかあさんのおなかの中で小さいまま亡くなってしまったり、小さく生まれて精一杯生きて亡くなってしまう赤ちゃんがいます。天使になったベビーとそのご家族に寄り添い、ご希望を伺いながらご家族で過ごせる限られた時間をサポートしています。

スタッフへの教育の徹底

日本は世界と比べても妊産婦死亡が極めて少ない国ですが0ではないのが現状です。
妊産婦死亡の原因で多いのは大量出血です。大量出血のような異常が起こった時の早期発見や対応をシミュレーションしながら日々トレーニングしています。