グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 医療技術職  > 臨床工学室  > 手術関連業務  > 内視鏡関連業務

内視鏡関連業務

近年の内視鏡機器の進歩により、手術症例は拡大され、当院でも全体の15.2%が内視鏡下に手術が実施されました。臨床工学技士は手術が安全に施行できるよう、手術のセットアップ、術中の調整、終業点検(滅菌前点検→点検後の梱包)を行い機器の信頼性を向上させています。また最近では器械出しをすることで術中のトラブルや破損軽減にも努めています。


立会業務

点検業務

CEによるサポート

内視鏡システムの管理

洗浄室・センターサプライに機器情報を掲示