グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 医療技術職  > 臨床工学室  > 中央医療機器管理業務

中央医療機器管理業務

2000年4月より医療機器中央管理化をスタートしました。
中央管理とは、医療現場は必要な時に中央医療機器管理室から機器を借り、使用終了したら返却する。返却された機器は、臨床工学技士が保守を実施し待機させることの繰り返すことを指します。このことで安全に効果的に機器を使用することができます。