グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


職場の紹介

理学療法室

下肢の骨折・靭帯損傷・変形性関節症、脊椎疾患等の術後、脳卒中や神経疾患の運動機能障害、活動性低下による体力低下等の患者さまに対して、入院初日・手術翌日の超早期から訓練を開始することで、主として日常生活動作の移動動作能力の改善を図ります。
スポーツリハビリテーションではトレーニングジムを備え、アスレティックトレーナーの資格を有する理学療法士も訓練に関わっています。
脳卒中等による障害には、超早期の役割に対応するため、クリニカルパスに沿って発症翌日から訓練介入し、早期離床や早期機能・能力回復に努めています。
他、呼吸障害に対するリハビリテーションや、緩和リハビリテーションへの対応も強化しています。

作業療法室

上肢の骨折、手の機能障害、脳卒中や神経疾患による作業能力障害に対して機能訓練、日常生活動作の獲得・職業リハビリテーションを行ないます。特に手の外科術後の患者さまには手術当日または翌日から作業療法が開始され、手の機能をより良く改善させるための援助を行ないます。熱可塑性プラスチックを用いたスプリントは担当作業療法士(ハンドセラピスト)自らが作製し、リハビリテーションの進行に合わせて、随時作り変えが行なわれています。
脳卒中等の中枢神経疾患に対しては、クリニカルパスに沿ってICU病棟から超急性期対応を行っており、神経内科疾患、緩和のリハビリにも積極的にかかわっています。また病棟担当を配置し、病棟での日常生活動作訓練、高次脳機能障害の評価・訓練にも力を入れています。

言語療法室

脳卒中や頭部外傷による言葉を中心とした高次脳機能障害や小児期の言葉の障害、聴覚障害、嚥下障害に対する各種検査とリハビリテーションを行ないます。
小児のリハビリテーションにおいては、ご両親や学校との連携により効果的な治療を目指します。
また、嚥下障害に対するリハビリテーションは、医師の診断(咽頭ファイバー・嚥下造影等)に基づいて歯科医師、歯科衛生士、看護師や院内栄養チームと連携して口腔ケアや嚥下食の工夫等も行ない、患者さまの摂食・嚥下能力の改善に取り組んでいます。

臨床心理室

心理カウンセリングと心理アセスメントを行ないます。
心理カウンセリングでは、言葉や遊びといった手段を用いて心理面に働きかけることで、治療を行ないます。子どもから大人まで、様々な心の問題のご相談に応じています。
心理アセスメントでは、心理検査を用いて、性格や発達・知的機能の評価を行なっています。極低体重出生児のフォローアップ健診、神経内科領域等の高次脳機能検査、各種手帳申請に必要な知能・発達検査などが挙げられます。
また、新たな活動領域として、緩和ケア、遺伝相談、不妊・周産期、児童虐待などでの心理的援助も行なっています。

歯科衛生士

入院患者さんを口腔領域からサポートします。支持療法を行う歯科スタッフとして、急性期から終末期までの幅広い方の専門的口腔ケアや歯科治療の介助を行い、口腔内の衛生管理に取り組んでいます。
嚥下チーム、NST(栄養サポートチーム)、RST(呼吸サポートチーム)などの一員としてチーム医療の一端を担っています。当院は地域がん診療連携拠点病院であり、また頭頸部・眼窩顎顔面治療センターという頭頸部腫瘍の専門的診療を行う部門もあり、治療期から終末期まで、がん治療に伴う口腔合併症に対しても積極的な取り組みを行っています。

スタッフ

理学療法士25名
作業療法士15名
言語聴覚士6名
臨床心理士2名
歯科衛生士3名
マッサージ師2名