グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 臨床研修医  > 人材育成センター

人材育成センター

人材育成センターの使命

センター長のことば

聖隷浜松病院の卒後臨床研修は、伝統的に一貫してプライマリ・ケアを重視してきました。全国から集まる研修医が、将来どのような領域や世界のどの地域を担うとしても、それぞれの旅路をしっかり支え、活躍できる骨格となる2年間を目指しています。
「イマドキ」ではないのかもしれませんが、総合診療内科、救急科、地域医療だけでなく、外科、麻酔科、産婦人科、小児科、精神科、整形外科を必修としています。そのうえで、それぞれの夢やキャリアパスに合わせて10の専門内科からは選択内科として、62科(標榜科35科)の診療科からも選択科として研修可能としています。
当院の研修医が、我々の想像を超える夢を持って、将来、想像を遙かに超える活躍をしてくれることを期待して研修の準備をしています。

センター長:渡邊 卓哉

人材育成センターの業務

  1. 医師卒前研修・実習に関すること
  2. 卒後医師臨床研修制度による研修医の採用および研修中に関すること
  3. 専門医研修医制度による研修医の採用および研修中に関すること
  4. 委員会事務局
  5. 人事ファイルの管理
  6. 各種シミュレータの管理
  7. 多職種実習・研修の受入れ
  8. 院外採用活動・広報に関すること
  9. 広報活動
  10. 医師採用に関すること

専任看護師

研修制度が始まった当初から人材育成センターには専任看護師がおり、初期研修医だけでなく専門医研修医の先生方にも関わっています。
患者さんの様子を見て回り、患者さん・ご家族からの声を聴いて研修医に情報提供し、
研修医と指導医、看護師、多職種の方と適切なコミュニケーションが図れるよう調整する等、現場とのパイプ役です。
看護師の視点で研修の支援をし、研修医のメンタルサポートなども行っています。
来院した際には、是非人材育成センターに立ち寄ってみてくださいね。

人材育成センター事務局

電話(直通)053-474-2261
FAX053-474-2262
E-mailhm-kenshu@sis.seirei.or.jp

医師・研修医 病院見学・実習申込・お問い合わせ