グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


総合診療

2018年度 聖隷浜松病院総合診療専門研修プログラム

プログラム責任者より

1次から3次救急までを担う救命救急センター、NICU、GCU、MFICUを持つ総合周産期母子医療センター等で構成される高度急性期病院での内科、救急、小児、総合診療Ⅱの必修研修、総合診療のキャリアをサポートする9つの領域からの選択研修、山間部の無医地区への巡回診療まで地域に密着した総合診療研修Ⅰと、3年を通して刺激と発見に富んだ、日本の医療全体を俯瞰できるプログラムです。  
                                 聖隷浜松病院総合診療専門研修プログラム責任者 渡邊 卓哉

2018年度 聖隷浜松病院総合診療専門研修プログラム


プログラムの特色

第三次救急医療を24時間体制で担う救命救急センター、NICU、GCU、MFICUを持つ「母体・新生児型」の総合周産期母子医療センター等で構成される高度急性期病院から、山間部の無医地区への巡回診療まで日本の医療を俯瞰できるプログラムです。

総合診療専門制度の3つの理念

① 総合診療専門医の質の向上を図り、以て、国民の健康・福祉に貢献することを第一の目的とする。
② 地域で活躍する総合診療専門医が、誇りをもって診療等に従事できる環境を整備する。これから、総合診療専門医資格の取得を目指す若手医師にとって、夢と希望を与える医療環境となることを目指す。
③ 我が国の今後の医療提供体制の構築に資する体制とする。

プログラムの構成

総合診療専門研修は、卒後3年目以降からの専門研修(後期研修)3年間で構成されます。
総合診療専門研修総合診療専門研修医Ⅰ

(  6  ) ヶ月 
総合診療専門研修医Ⅱ

(  6  ) ヶ月 
領域別研修内科

(  12  ) ヶ月 
小児科

(  3  ) ヶ月 
救急科

(  3  ) ヶ月 
その他の領域を含む

選択診療科

(  6  ) ヶ月 

① 総合診療専門研修Ⅰ 下記いずれかの施設で6ヶ月
・森町家庭医療クリニック
・菊川市家庭医療センター
・佐久間病院(佐久間病院附属浦川診療所、山香診療所を含む)
②総合診療専門研修Ⅱ 6ヶ月
・聖隷浜松病院総合診療内科
③必須領域別研修
・内科
聖隷浜松病院内科(循環器科・不整脈科、呼吸器内科、消化器内科、腎臓内科、内分泌内科、神経内科・脳卒中科、膠原病リウマチ内科、血液内科、総合診療内科) 選択して計6ヶ月、総合診療内科6ヶ月の計12ヶ月を研修
・小児科
 聖隷浜松病院小児科(小児神経科、小児循環器科、新生児科を含む) 計3ヶ月
・救急科
 聖隷浜松病院救急科 3ヶ月
④その他の領域別研修を含む選択診療科
・聖隷浜松病院 産婦人科、整形外科、放射線科、臨床検査科、耳鼻咽喉科、眼科、脳神経外科、泌尿器科 選択して合計6ヶ月
・聖隷浜松病院内科各科、救急科からも選択が可能です。
・総合診療専門研修Ⅰ及びⅡの研修も選択が可能です。総合診療専門研修Ⅰを選択することで、へき地、あるいは医療資源の乏しい地域での研修が1年以上にわたり研修可能となります。

研修スケジュール

必須研修を満たすことを前提に、専攻医のニーズ、経験、希望するキャリアパスを考慮した自由度・選択性を持たせた効果的研修プログラムです。

週間スケジュール

プログラム年間スケジュール

医師・研修医 病院見学・実習申込・お問い合わせ