グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


救急科カリキュラム

【一般目標 General Instruction Objective : GIO】

救急医療の重要性を認識し、救急科専門医を取得するために必要な知識と技術を習得する。

【行動目標 Structural Behavior Objectives : SBOs】

救急医療に従事することにより全人的医療の重要性を感じる。(態度)
(1)初療において
 ①AHAガイドラインに沿ったACLSを説明し、実施する。(認知・技能)
 ②JATECの概論に基づいた外傷の初療を説明し、実施する。(認知・技能)
 ③緊急検査の判読ができる。(検体検査・画像検査など)(認知)
 ④救急薬品の投与法を述べる。(認知)

(2)個々の症候に対応するために必要な知識を習得する。(認知)
 ①SIRS、MODSについて説明する。
 ②各種ショックの病態と治療を述べる
 ③中枢神経系救急疾患の診断・治療を説明する。
 ④循環器系救急疾患の診断・治療を説明する。
 ⑤呼吸系救急疾患の診断・治療を説明する。
 ⑥消化器系救急疾患の診断・治療を説明する。
 ⑦内分泌代謝系救急疾患の診断・治療を説明する。
 ⑧多発外傷の重症度評価、治療を述べる。
 ⑨主な外傷の診断、治療を述べる。
 ⑩熱傷、電撃傷の病態と治療を述べる。
 ⑪各種中毒の病態と治療を説明する。
 ⑫溺水、窒息の治療法を述べる。
 ⑬環境因子による病態(熱中症、低体温、減圧症など)の病態、治療法を述べる。
 ⑭その他特殊領域(眼科、耳鼻科、精神科など)の主な救急疾患の診断、治療を述べる。

(3)おもな緊急処置の基本手技に熟練する。(技能)
 ①心肺蘇生法の手技に熟練する。
 ②胸腔ドレナージを挿入する。
 ③胃洗浄を実施する。
 ④創傷処置を実施する。
 ⑤中心静脈カテーテル挿入に熟練する。
 ⑥動脈穿刺・カテーテル留置を行う。
 ⑦腰椎、胸腔、腹腔、関節などの穿刺を行う。
 ⑧輪状甲状靭帯切開(穿刺)を行う。
 ⑨レスピレーター使用に熟練する。
 ⑩超音波検査に熟練する。

(4)救急医療と法、倫理その他ついて説明する。(認知)
 ①わが国の救急医療システム、メディカルコントロール体制について説明する。
 ②脳死判定、臓器移植の手順を説明する。
 ③診断書(検案書)作成上の注意点や届出が必要な状況を述べる。
 ④インフォームドコンセントを述べる。
 ⑤個人情報保護法を説明する。

(5)その他 
 ①希望により各科へのローテーション研修が可能です。
 ②聖隷三方原病院のドクターヘリによる救急患者搬送に従事することができます。
 ③ACL、JATEC、その他の研修会へ積極的に参加していただきます。

【週間スケジュール】

ER

午前8:30
カンファレンス
8:30
カンファレンス
8:00
カンファレンス
8:00
カンファレンス
8:00
カンファレンス
8:00
カンファレンス
8:30
救急外来
11:30
スタッフミーティング
8:30
救急外来
8:30
救急外来
8:30
救急外来
11:00
多職種カンファ
11:30抄読会
8:30
救急外来
8:30
救急外来
午後12:00
救急外来
14:00
病棟回診
17:30
ER振り返り
12:00
救急外来
17:30
ER振り返り
12:00
救急外来
14:30
総診と勉強会
17:30
ER振り返り
12:00
ランチョンカンファ
13:00
救急外来
17:30
ER振り返り
12:00
救急外来
17:30
ER振り返り

ICU

午前8:00
カンファレンス
8:00
カンファレンス
8:00
カンファレンス
8:00
カンファレンス
8:00
カンファレンス
8:00
カンファレンス
8:30
Nsカンファ
9:30
By system
回診
8:30
Nsカンファ
9:30
By system
回診
10:00
透析カンファ
8:30
Nsカンファ
9:30
By system
回診
8:30
Nsカンファ
9:30
By system
回診
8:30
Nsカンファ
9:30
By system
回診
8:30
Nsカンファ
9:30
By system
回診
午後13:15
多職種回診
16:30
回診申し送り
13:15
多職種回診
16:30
回診申し送り
13:15
多職種回診
16:30
回診申し送り
13:15
多職種回診
16:30
回診申し送り
13:15
多職種回診
16:30
回診申し送り

※ 病棟業務は空き時間に行います。
※ ICU当直(週1回程度)+6日後との2次救当番日に1名当直、数名準夜

医師・研修医 病院見学・実習申込・お問い合わせ