グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


家庭医療研修カリキュラム

プログラムの概要

聖隷浜松病院は「私達は利用してくださる方ひとりひとりのために最善を尽くすことに誇りをもつ」を病院理念として、遠州地域に根ざした医療機能の充実、連携の強化に努めている。
本プログラムは、利用してくださる方(以下利用者)の日常生活に関わる健康問題の大半に、責任ある対応が可能な家庭医療の専門家を育成することを目的とし、日本家庭医療学会の後期研修プログラム(バージョン 1.0)に準拠している。
地域の中核病院として豊富な症例数に基づいた必須診療科研修に加え、研修者の希望やキャリア・到達度に応じて全科的な診療科から選択研修が可能である。また山間部に位置する浜松市国民健康保険佐久間病院での内科研修も選択可能なプログラムとし、人口構成・医療事情のことなる地域の特性と家庭医療の関係に理解を深めることが可能な研修としている。
地域の診療所研修では、各診療所とも、聖隷浜松病院より開設した医師が責任者となってる。各指導医のもと、神経内科、小児科、循環器科、消化器科、外科といった各専門性と家庭医療の専門家として、バランスのとれた、地域に密接した家庭医療研修が可能となっている。標榜専門科に偏ることなく、家庭医として核となる臨床能力や家庭医療の実践家として必要な臨床能力を研修することが可能である。いずれの診療所とも緊密な連携を有しているので、診療所で診察した患者を、必要に応じて聖隷浜松病院で入院患者として診療し、退院後も診療所で診察を継続するといった、連続的で包括的な家庭医療研修が可能である。

【一般目標 General Instruction Objective : GIO】

  1. 利用者を家庭ならびに地域の生活者として、包括的かつ継続的視点で捉え、利用者の様々な身体的・心理的・社会的問題を理解し、地域社会・医療チームのなかで、治療・看護・介護・教育等の種々の方策によって問題の解決を図ることが可能な総合的診療能力(態度・技能・知識)を身につける
  2. 客観的根拠EBMを常に意識し、利用者に最善の医療を提供する姿勢を堅持する
  3. 専門家としての医療倫理・社会的責任を常に意識し、社会常識の涵養、人格の陶冶に努める

【行動目標 Structural Behavior Objectives : SBOs】

1.
①利用者の生活体験に基づく「語り」を重視し、ニーズに応えた利用者本位の医療の展開を行う
②予防・救急・慢性疾患・リハビリテーション・在宅・終末期医療にわたる、あらゆる局面に積極的に参加できる技能・知識を身につける
③幼小児から高齢者までの各ライフステージや性別、職業に関連した幅広い健康問題に適切に対応できる態度・知識を身につける
④地域住民や他職種と良好な関係を構築し、地域社会の一員として、利用者の健康のみならず、
保健・福祉活動を含めて包括的に地域社会の健康増進に貢献する
2.
①生涯にわたる自己学習を礎に、EBMを実践し、常に省察的に診療能力の向上に努める
②各専門領域の専門性を理解・尊重し、利用者に最良の成果をもたらす、継続的で効率的な連携を図る
③利用者・地域の抱える問題点を科学的思考で研究・評価・分析し、医療の改善に貢献する
④臨床教育の重要性を理解し、教育・指導に関わる技能・知識を習得する
3.
①医療現場におけるキケンを見いだし、利用者・スタッフの安全を図るリスクマネジメントの技能・  
知識を習得する
②医療経済学的視点を理解し、安全で費用対効果の優れた方策を選択できる知識を習得する
③高い倫理観と責任感をもって情報管理・インフォームドコンセントを実践する

研修施設

病院施設名:
〇聖隷浜松病院
 750床
 地域医療支援病院 地域がん診療連携拠点病院 三次救急指定病院
 内科、小児科、産婦人科、外科、整形外科を含む標榜35科
〇浜松市国民健康保険佐久間病院
 60床(一般40床 療養20床)
 へき地医療拠点病院
 内科、小児科、外科、整形外科、リハビリテーション科、眼科
診療所機能施設名:
〇あつみ神経内科
〇いぬかい小児科
〇すずき医院(循環器科)
〇高平内科(消化器科)
〇ひろせクリニック(外科)
各診療所とも浜松市内に立地し、聖隷浜松病院より開設した医師が責任者。
神経内科、小児科、循環器科、消化器科、外科といった専門性と総合診療のバランスのとれた、地域に密接した家庭医療研修が可能。
いずれの診療所指導医も、かかりつけ医として、包括的・全人的医療を継続的に提供し、予防面・福祉面も含めた健康管理を実践している。標榜専門科に偏ることなく、家庭医として核となる臨床能力や家庭医療の実践家として必要な臨床能力を研修、陶冶することが可能。

研修スケジュール

必須研修を満たすことを前提に、研修医のニーズ、経験、将来の希望を考慮した自由度・選択性を持たせた効果的研修カリキュラムとする。

研修1年目:
聖隷浜松病院総合診療内科外来・病棟研修を通じて、家庭医として必要な基本的診療能力を、家庭医指導医と前期研修医からなる屋根瓦方式の医療チームの一員として履修する。
研修2年目:
家庭医として必要な専門診療科を各指導医のもとで研修する。診療所をベースとした家庭医療研修では、指導医とともに外来・訪問診療・巡回診療を実践し、保健・介護活動も含めた家庭・地域に近接した継続的で包括的な医療を研修する。診療所運営への参加も試みる。
研修3年目:
2年間の経験を総括し、聖隷浜松病院において医療チームのリーダーとして、外来・病棟のマネジメントに関わり、研修教育・クリニカルリサーチ・学会発表実施を目標とする。地域医療をより深く理解し、実践する機会として、山間部に位置する浜松市国民健康保険佐久間病院での内科研修も選択可能である。
通年:
・Luncheon Conferenceカンファレンス CPC RCPC 総合診療内科・救急科合同カンファレンス 基本診療カンファレンスなどの学習プログラムに参加する。
・週1回程度の総合診療内科外来を継続的に研修する。
・時間外外来 救急日当直にてプライマリ・ケアに必要な技能・知識を研修する。
・希望に応じてブロック研修期間を超えて、週に半日程度の診療所研修(Half-day back)継続が可能である。
【研修スケジュール例】
  1    2    3    4    5    6    7    8    9    10    11    12     
Year 1

Year 2

Year 3

総合診療内科外来・病棟研修
*ER日当直、Clinic(Half-day back)研修は通年で継続可能
小児科外来・病棟研修 Clinic(外来・訪問診療)            選択研修:選択診療科外来・病棟研修
*ER日当直研修は継続可能                     *Clinic(Half-day back)研修は継続可能
選択研修:選択診療科外来・病棟研修      総合診療内科外来・病棟研修
*佐久間病院内科研修選択可能*ER日当直、Clinic(Half-day back)研修は通年で可能

研修期間

(1)初期研修:2年
(2)後期研修:3年
注)初期研修を受けた研修施設と後期研修を受ける施設とが異なってもよいが、後期研修は、原則としてひとつのプログラムで習得するものとする。ただし、理由によっては、学会の判断により変更を考慮する。

研修施設

病院施設名:
〇聖隷浜松病院
 744床
 地域医療支援病院 地域がん診療連携拠点病院 三次救急指定病院
 内科、小児科、産婦人科、外科、整形外科を含む標榜35科
〇浜松市国民健康保険佐久間病院
 60床(一般40床 療養20床)
 へき地医療拠点病院
 内科、小児科、外科、整形外科、リハビリテーション科、眼科
診療所機能施設名:
〇あつみ神経内科
〇いぬかい小児科
〇すずき医院(循環器科)
〇高平内科(消化器科)
〇ひろせクリニック(外科)
各診療所とも浜松市内に立地し、聖隷浜松病院より開設した医師が責任者。
神経内科、小児科、循環器科、消化器科、外科といった専門性と総合診療のバランスのとれた、地域に密接した家庭医療研修が可能。
いずれの診療所指導医も、かかりつけ医として、包括的・全人的医療を継続的に提供し、予防面・福祉面も含めた健康管理を実践している。標榜専門科に偏ることなく、家庭医として核となる臨床能力や家庭医療の実践家として必要な臨床能力を研修、陶冶することが可能。

プログラム内容

Ⅰ. 全研修期間を通して、恒常的に行われているべき研修項目
(1)外来における患者中心のケア
全研修期間を通して聖隷浜松病院総合診療内科外来において患者中心のケアを研修する。指導医やコメディカルからのフィードバック、ビデオレビューを用いて患者中心のケアの概念、アプローチ法、態度を習得する。
(2)近接的なケア(1次医療機関である必要がある)
聖隷浜松病院、浜松市国民健康保険佐久間病院、そして各診療所とも各医療圏の1次医療機関としての役割をもっている。外来診療、訪問診療を通じて患者と生活する家庭・社会を理解し、患者・家族の価値観、解釈、感情に配慮した近接的ケアを研修する。
(3)継続的なケア
聖隷浜松病院総合診療内科外来、診療所外来研修を通年的に履修可能である。外来診療での継続的ケアに加え、外来にて担当していた患者の入院加療、退院後の経過観察や教育まで継続的な支援を研修可能である。
(4)包括的なケア
聖隷浜松病院では患者の抱える多彩で複雑な問題に対し、院内では医師、看護師、リハビリテーション科スタッフ、医療相談室等多職種による定期的カンファレンスを実施している。また家族、ケアマネージャー、介護施設職員、行政担当者を含めた拡大カンファレンスを実施しており、医療チームの一員として、包括的で効果的なケアへの参加、研修が可能である。また各研修施設とも非選択的、全人的医療を実施しており、各研修期間において、地域に根ざした包括的なケアの研修が可能である。
(5)保健や介護関連の活動
聖隷浜松病院や各診療所では地域の健診業務への参加に加え、健診有所見者や慢性疾患患者を対象とした食事指導、運動指導等の保健活動の実践が可能である。また保健や介護関連の活動に必要な技能・知識については糖尿病教室、基本診療カンファレンス、ステップアップ講習などの学習プログラムが用意されている。あつみ神経内科、ひろせクリニックは高齢者施設のかかりつけ医であり、施設への巡回、訪問診療など介護関連の活動に深く関わっている。
(6)家族志向、地域志向のケア
訪問診療やかかりつけ医としての診療所診療と、病診連携先でもある聖隷浜松病院での診療を継続的多面的に研修することは、家族・地域の抱える問題、特性を理解し、医療ニーズ・医療システムを考慮した、より効果的なケアを学ぶ貴重な学習機会と考えられる。

【評価 Evaluatiton :EV】

形成的評価:
・研修管理委員会が定める、他職種も含めた専門医研修評価実施(年1回、360度評価)
・ポートフォリオ評価
・カルテ・サマリ評価
・学会発表、論文による評価
・各研修修了時の自己評価、同僚との相互評価(ふりかえり)
・指導責任者との各研修毎の定期的面接実施
総括的評価:
・研修管理委員会(月1回開催)への研修状況の報告と全研修修了時到達度判定ならびに修了認定
研修プログラム評価:
・研修カリキュラム・研修目標の設定・研修方法・到達評価方法等に関し、研修医・指導医・他職種による
 検討・評価を得る(必要時及び年1回以上定期実施)

医師・研修医 病院見学・実習申込・お問い合わせ