グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


整形外科カリキュラム

【一般目標 General Instruction Objective : GIO】

  1. 4年間で整形外科専門医の資格取得に必要な知識と技量のほぼすべてを習得すること
  2. 1年終了ごとに到達評価を受け、研修の問題点を検証する。

【行動目標 Structural Behavior Objectives : SBOs】

1.1循目での到達目標(各グループごとの研修終了時までに)
1)骨折や脱臼の診断ができ、分類が表現できる。
2)コンパートメント症候群の診断ができる。
3)DVTを疑い、対応ができる。
4)腰椎椎間板ヘルニアの診断と保存的治療ができる。
5)上級医の指導のもとに閉鎖性関節脱臼の徒手整復、鋼線牽引、ギブス・シーネ固定ができる。
6)上級医の指導のもとに四肢骨幹部骨折や大腿骨頚部骨折の観血的整復固定(ORIF)、人工骨頭ができる。
7)上級医の指導のもとに四肢開放骨折の初期治療ができる。
8)上級医の指導のもとに単純な上腕骨顆上骨折、橈骨遠位端骨折のORIFができる。
9)上級医の指導のもとに足関節両果骨折のORIFができる。
10)上級医の指導のもとに手指ばね指・ドゥケルバン腱鞘炎の手術ができる。
11)上級医の指導のもとに膝の関節鏡視、半月板部分切除ができる。
12)上級医の指導のもとに良性骨・軟部腫瘍の手術ができる。
13)病棟において主治医として指示が出せる。
14)主治医としてリハビリの指示ができる。
2.2循目の到達目標
1)閉鎖性関節脱臼の徒手整復、鋼線牽引、ギブス・シーネ固定が下級医師に指導できる。
2)大腿骨頚部骨折のORIFと人工骨頭が自分ででき、下級医師に指導できる。
3)鎖骨骨折、肩鎖関節脱臼のORIFが下級医師に指導できる。
4)四肢開放骨折の初期治療が自分ででき、下級医師に指導できる。
5)上級医の指導のもとに上腕骨外顆骨折・通顆骨折のORIFができる。
6)単純な上腕骨顆上骨折、橈骨遠位端骨折のORIFが自分ででき、下級医師に指導できる。
7)上級医の指導のもとに骨幹部粉砕骨折・足関節粉砕骨折のORIFができる。
8)手指ばね指の手術が自分ででき、下級医師に指導できる。
9)膝の関節鏡視、半月板部分切除が自分ででき、下級医師に指導できる。
10)上級医の指導のもとに腰椎椎間板ヘルニアのラヴ法、腰椎椎弓切除術ができる。
11)上級医の指導のもとにTKA, THAができる。
12)上級医の指導のもとに四肢の転移性骨腫瘍の手術ができる。
13)上級医の指導のもとに悪性腫瘍の化学療法ができる。
14)上級医の指導のもとに先天性内反足・発達性股関節脱臼の保存治療ができる。
3.各種学会または研究会で最低年1~2回発表をして知識を深める。
4.研修終了までに専門医申請に必要な2編以上の医学論文を完成させる。

<専門研修修了後>
1.年度(4月~3月)毎に当院研修を継続するか他施設での研修に移動するかの希望を聴く。
2.他施設での研修を希望する場合、期待に沿えるように支援する。 
3.研修が修了し当科へ就職希望がある場合は、専門医資格が取得できれば相談の上決定する。

【週間スケジュール】

※整形外科「回診・検討会」週間予定表(AM8:00~9:00)
8:00-
Teaching cases
8:30-
全体meeting
週末の症例報告
(A7 Dr.R.)
8:00-
骨関節外科(A7Dr.R.)
せぼね抄読会
(A7面談室)
  
8:00-
せぼね (A7Dr.R)
8:00-
スポ-ツ整形(A7病棟)
8:00-
骨関節外科(A6回診)
8:00-
腫瘍 (A7Dr.R.)
8:00-
骨関節外科(外来)
8:00-
スポ-ツ整形(外来)
8:00-
研修医勉強会
8:30-
全体meeting
(A7 Dr.R.)

医師・研修医 病院見学・実習申込・お問い合わせ