グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


形成外科カリキュラム

【一般目標 General Instruction Objective : GIO】

形成外科疾患を適切にマネージメントするためには、創傷治癒に関する基礎的な知識・技術は不可欠である。当科では創面の状態を理論的に評価し、適切な加療を行い、最小の侵襲で機能的・整容的に優れた結果を導き出すために、創傷治癒機転を修得し、その上に形成外科医としての専門的知識・技術を習得する。また、医療の発展に貢献するため有益な臨床経験や臨床研究を積極的に報告し、新しい知識および学習姿勢を養い、形成外科のみならず一般外科医としても役立つ応用力を身につける。

【行動目標 Structural Behavior Objectives : SBOs】

1.社会人、医療者として適切な態度、身だしなみができる。
2.形成外科診療手技(※)について各年度に応じた習熟を図ることとする。
3.プレゼンテーションスキルを獲得する
  ・個々の患者の状態・臨床情報共有のための提示
  ・学会発表・論文作成
※個別の形成外科診療手技について
①基本的形成外科処置・手術
・創部の消毒処置・軟膏処置
・熱傷処置
・褥瘡処置
・真皮縫合
・デブリードメント
・切開排膿
・皮膚皮下腫瘍切除
・副耳/耳瘻孔など小先天異常の手術
・採皮/植皮
・皮弁作成/移動

②応用的形成外科処置・手術
・皮膚/軟部悪性腫瘍の切除再建
・顔面骨骨折整復固定術
・顔面先天異常に対する手術(口唇形成術、口蓋形成術、小耳症手術など)
・四肢体幹先天異常に対する手術(多合指症形成術、臍形成術など)
・瘢痕形成術(Z形成術、W形成術など)
・美容外科的手術

個別到達目標とその年次

初年度(医師3年次)
・形成外科入院患者の全身ならびに局所管理を担当できる。
・創状態を適切に理論的に評価し、加療することができる。
・上級医の指導のもと形成外科外来処置・手術の適応を判断でき、一部または全てを実施できる。
・上級医の指導のもと救急科外来での熱傷・外傷の処置・手術の適応を判断でき、一部または全部を実施できる。
・基本的形成外科処置・手術を上級医の指導のもと施行できる。

2年度(医師4年次)
・初年度形成外科専門研修医を指導できる。
・形成外科入院患者の管理・指導ができる。
・形成外科外来の再診を担当できる。
・形成外科外来の初診を上級医の指導のもと担当できる。
・救急科外来での熱傷・外傷の処置・手術を実施できる。
・基本的形成外科処置・手術を単独で施行できる。
・応用的形成外科処置・手術を上級医の指導のもと施行できる。

3年度(医師5年次)
・2年度までの形成外科専門研修医を指導できる。
・形成外科外来の初診再診を担当でき、必要に応じ上級医の指示を仰ぐことができる。
・応用的形成外科処置・手術を単独で施行できる。

4年度(医師6年次)
・3年度までの形成外科専門研修医を指導できる。
・形成外科外来の初診再診を単独で担当でき、患者・スタッフに適格な指示をすることができる。
・応用的形成外科処置・手術を手術計画の立案、デザインを含め単独で施行できる。
・形成外科専門医資格を得る。

【方略 Learning Strategies :LS】

No.SBO方法時期人数場所時間媒体指導協力者
11カンファランス
講義
全ローテーション期間1外来カンファランスルーム随時資料、
診療録PC
指導医
22~3文献検索全ローテーション期間1図書室随時診療録、
文献検索ツール
指導医
31~3臨床研修全ローテーション期間1カンファランスルーム、病棟・
手術室・外来
随時資料、診療録、
患者・家族
指導医

【評価 Evaluatiton :EV】

SBO対象領域目的方法測定者時期
1態度・習慣形成的評価観察記録指導医
コメディカル
ローテーション終了時
2知識・技能・問題解決形成的評価観察記録
診療録
指導医
ローテーション終了時
3想起・解釈・問題解決形成的評価学会発表
論文
指導医
ローテーション終了時

【週間スケジュール】

午前外来病棟処置
手術
外来(奇数週)
褥瘡回診(偶数週)
外来病棟処置
手術
外来病棟処置
(交代制)
午後外来手術手術(奇数週)
外来(偶数週)
外来手術

医師・研修医 病院見学・実習申込・お問い合わせ