グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


リハビリテーション科カリキュラム

【一般目標 General Instruction Objective : GIO】

リハビリテーション科専門医取得を達成するために、リハビリテーション医として必要とされる基本知識・手技を習得し、さらにその専門性を追及し、将来の研究・教育のための能力を獲得する。

【行動目標 Structural Behavior Objectives : SBOs】

1年目
1)以下の項目の知識の理解
・リハビリテーション医学概論
 リハビリテーションとは、関連職種、国際障害分類ICF等
・リハビリテーションに関する機能解剖・生理学
 筋骨格系、神経系、呼吸・循環器系、摂食嚥下、排泄(排尿・排便)等
・運動学
 上肢、下肢、歩行と姿勢、発達と反射等
・障害学
 運動障害、感覚障害、高次脳機能障害、排泄障害、嚥下障害、廃用症候群
 歩行障害、日常生活動作障害、参加制約、QOL等
2)以下の診断評価
・画像・生理検査
 電気生理学的検査(筋電図、神経伝道速度、体性感覚誘発電位等)
 骨密度検査
 嚥下評価検査(嚥下造影、嚥下内視鏡)
・リハビリテーション評価
 ADL評価(Barthel Index等)、IADL評価運動負荷試験
 歩行分析意識障害の評価、筋力(MMT)、麻痺(Brunnstrom stage等)、失調、
 痙縮と固縮(Modified Ashworth Scale等)、不随意運動、感覚障害、
 言語機能(失語症、構音障害等)、痴呆・高次脳機能(MMSE等)
 心肺機能(一般肺機能検査)、嚥下機能(スクリーニング)
3)治療(適切なリハビリテーション処方とリスク管理を含め)
・理学療法
 運動療法(ROM訓練、筋力増強訓練、促通訓練、歩行訓練、肺理学療法)
 物理療法(温熱療法、低周波治療、水治療、牽引等)
・作業療法
 上肢機能訓練
 ADL訓練、家屋評価
 高次脳機能評価(失認、失行、認知症等)
・言語療法
 失語症の理解
 構音障害の理解
 言語発達障害の理解
・義肢、装具療法
 義肢の適応評価と処方
 補装具の適応評価と処方
・摂食・嚥下訓練
 経管栄養法の適応評価と実施
 間接的訓練、直接的訓練の適応の評価と処方・実施
・排泄訓練
 排尿手段の選択ができる(間歇的導尿、膀胱瘻等)
 尿路合併症の診断・対応ができる
 排便管理ができる(生活指導・薬物療法等)
・薬物療法
 痙縮に対する筋弛緩薬の処方ができる
 排尿・排便障害に対して病態に応じた処方ができる
 疼痛に対して鎮痛薬の処方ができる
 症候性てんかんに対して抗てんかん薬の処方ができる
 うつ状態等の精神症状に対して適切な薬物の処方ができる
 異所性骨化に対する薬物の処方ができる
・マネージメント
 チーム医療の構成とスタッフの役割を理解し、医師の役割が果たせる
 地域における社会資源を把握している
 地域のスタッフと情報交換・交流ができる
 紹介状・報告書の作成、介護保険意見書作成、訪問看護指示書作成
 医療制度の概略を理解している
 医療保険制度、介護保険制度など
4)その他
・チーム医療の構成員の役割の理解
・各種コミュニケーション能力の向上
・研究(リサーチ)
 上級医の指導のもと、リサーチが実施できる
・学会発表
 リハビリテーション医学会での学会発表ができる

2年目 (当院または聖隷三方原病院リハビリテーション科、浜松市リハビリテーション病院)
1)診断・評価
・高次脳機能の評価
 失行、失認、失語、知的障害、記憶障害、注意障害、遂行機能障害に対する各種神経心理学的検査を実施し結果の評価ができる
・排泄機能の評価
 尿量測定、膀胱内圧測定の結果の評価ができる
・発達評価
 各種反射の評価ができる
 4,7,12,18のKey monthの所見を評価できる
 評価尺度を用いた発達評価法を理解できる
・障害者の心理
 障害の受容過程に沿って、患者の心理状態を把握できる
2)治療
・治療計画
 障害評価に基づき予後予測ができる
 障害評価に基づき適切な治療期間とゴール設定ができる
・理学療法
 バイオフィードバック療法が理解できる
・作業療法
 高次脳機能障害に対する作業療法が理解できる
 ハンドセラピーについて理解できる(装具療法を含む)
・義肢装具療法
 義足・下肢装具の適合判定ができる
 車椅子、杖の処方と適合判定ができる
 自助具の適応と照会ができる
・ブロック療法
 神経・筋ブロックが実施できる
・書類作成
 身体障害者診断書(肢体不自由、音声言語、摂食・嚥下等)
 障害年金診断書が作成できる(各種評価・計測を含む)サインは15条指定医にもらう
3)その他
・論文作成、学会発表
 リハビリテーション医学会での学会発表、その他の学会の発表
 症例報告等の論文作成

3年目 (当院または聖隷三方原病院リハビリテーション科、浜松市リハビリテーション病院)
1)診断・評価
・各種身体所見・評価を自ら実施・評価でき、下級生に指導できる
・電気生理学的検査、嚥下機能検査、排尿機能検査、神経心理学的検査等の検査を自ら実施・評価できる。また下級生に指導できる
2)治療
・4年次までの治療内容に対して、自ら実施でき、かつ下級生に指導できる。
・障害者・家族に対し心理的サポート、カウンセリング等を自ら実施できる
・参加(就業、就学、スポーツ復帰等)について概要を理解できる
3)その他
・専門医受験に必要な学会発表、論文作成
専門医コースとして対象とする目標疾患・障害と到達目標・年度
到達レベル                A:よく理解し、一人でできる
B:概略を理解し、指導責任者のもとでできる
C:概略を知っている

1.脳血管障害:A(4年次)
2.外傷性脳損傷:A(5年次)、但し就学就業支援はC(5年次)
3.脊髄損傷:A(4年次)
4.二分脊椎:C(5年次)
5.関節リウマチ:A(3年次)
6.骨関節疾患:A(5年次)
(関節周囲炎、腱板断裂、腰椎・脊椎疾患、変形性股関節症、変形性膝関節症、骨折・骨粗鬆症、手の外科疾患等)
7.脳性麻痺等:B(5年次)
(各種発達障害等を含む)
8.神経筋疾患
9.切断:A(5年次)
10.慢性閉塞性肺疾患:B(5年次)
11.循環器疾患 :B(5年次)
(心筋梗塞、慢性心不全、末梢循環障害等)
12.悪性腫瘍:B(5年次)
(術後、放射線・化学療法後、緩和医療等)
13.熱傷:B(5年次)
14.生活習慣病:B(5年次)

【週間スケジュール】

●リハビリ科医師が定例的に関わっている回診・カンファレンス・検査等を次に示す。
基本的にはオープンなプログラムであり、関係者の出席や見学希望も進んで受け入れている。
午前8:15~8:45
脳卒中科回診
9:00~10:00
B3病棟脳外科カンファ
8:15~8:45
脳卒中科回診
8:45~9:15
神経内科系リハ回診 
8:15~8:45
脳卒中科回診
8:45~9:15
B3病棟脳外科回診
10:30~神経内科系カンファ
8:15~8:45
脳卒中科回診
9:30~緩和ケアチームカンファ
リハ科症例検討・回診
8:15~8:45
脳卒中科回診
8:30~9:00
内部障害症例検討会
8:30~17:00
当番ドクターによる訓練室対応、外来・入院新患の対応
午後12:00~13:00
嚥下内視鏡検査
14:00~Drカンファ
17:00~18:00
浜松市リハHp・藤島Drカンファ
12:00~13:00
嚥下内視鏡検査
13:15~高次脳カンファ
15:00~
嚥下造影検査
12:00~13:00
嚥下内視鏡検査
15:30~
嚥下造影検査
12:00~13:00
嚥下内視鏡検査
13:00~13:30
中枢リハビリ症例検討会
14:15~嚥下回診・カンファ
12:00~13:00
嚥下内視鏡検査
15:00~
嚥下造影検査

医師・研修医 病院見学・実習申込・お問い合わせ