グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


泌尿器科

当科について

当科の特徴は、腹腔鏡手術や小切開手術といった低侵襲手術を積極的に行っていることです。泌尿器科腹腔鏡技術認定医と腹腔鏡下小切開手術施設基準医の両方を取得可能な病院は数少なく、その取得をめざす後期研修医の皆さんにとって、当科は豊富な症例数を経験できる病院と言えます。
数年後にはダ・ヴィンチ手術の導入も予定しています。ぜひ我々と一緒に最先端の治療を経験しましょう。
※なお常勤医師も募集しています。

文責 今井 伸

スタッフについて

前列が米田、後列左側から今井、杉浦、神田、袴田

泌尿器腹腔鏡技術認定医について

日本泌尿器内視鏡学会(別ウィンドウで開きます)では、2004年度から泌尿器腹腔鏡技術認定制度を設け、当科では4名(2005年度 1名、2009年度 2名、2010年度 1名)が取得しています。
認定医を取得するには、腎摘除術、腎尿管全摘術、副腎摘除術、腎部分切除術などを主たる術者として20例以上執刀した経験が必要であり、その合格率は 50%前後(2013年度は54.6%)と決して容易ではありませんが、全員初回審査で合格しています。
当科は2002年より腹腔鏡手術を導入し、年間50件以上の腹腔鏡下(または後腹膜鏡下)手術を施行しており、認定医取得には十分な症例数を経験できます。
後期研修1年目(医師3年目)から助手、カメラ持ち、術者を一通り経験し、技術の習熟を図っています。2年目(医師4年目)以降も技術認定医の指導の下、術者、カメラ持ちとして技術を磨き、4年目(医師6年目)終了までに術者を20例以上経験し、認定医の取得をめざします。

腹腔鏡下小切開手術施設基準医について

日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会(別ウィンドウで開きます)では、2010年度より腹腔鏡下小切開手術施設認定を設け、静岡県では、当院と静岡赤十字病院の2施設のみが認定を取得しています(2015年1月現在)。
当科は、2007年より前立腺全摘術に対して本術式を導入しています。2011年度より施設基準医制度を設けられ、当科では、初回の2011年度に米田と今井が施設基準医を取得しました。 2014年度の施設基準医は全国でまだ80名のみです。
施設基準医を取得するには、腹腔鏡下小切開手術を20例以上執刀した経験が必要です。1年次(医師3年次)は助手を務め、2年次(医師4年次)よりその術者を務め、3年次(医師5年次)、4年次(医師6年次)終了までに20例以上を経験し、基準医の取得をめざします。

手術風景

腹腔鏡下小切開前立腺全摘術の術中写真です。5~6cmの皮膚切開のため、手が術野に入りません。

写真は、当科オリジナル手術の膀胱腟瘻閉鎖術(トリプルアクセス法)の風景です。標準的な術式のみでなく、腹腔鏡技術を様々な手術に活用しています。

年々手術件数は増加傾向にあり、年間100件前後を行っています。

当院の主な手術件数

2005年2006年2007年2008年2009年2010年2011年2012年2013年2014年
鏡視下副腎摘除術64538115793
鏡視下腎摘除術79152025192091718
鏡視下腎部分摘除術67345108638
鏡視下腎尿管全摘術166697971011
鏡視下手術 その他00264958413
鏡視下手術合計20263139515647374353
2005年2006年2007年2008年2009年2010年2011年2012年2013年2014年
開腹下腎摘除術12326312221
開腹下腎部分切除術4020101101
開腹下腎尿管全摘術0400200010
前立腺全摘術3622200100001
腹腔鏡下小切開前立腺全摘術001222252732241718
膀胱全摘術7432441221
TUR-P3133345338373022133
PVP(グリーンライトレーザー)--------2348
TUR-BT72657092921001048785101
その他8892971059498829069110
手術件数合計270249271319311323299265255337

男子外来

男性不妊症 – 顕微授精の治療成績

静岡県内には男性不妊症、射精障害、勃起障害を専門とする泌尿器科医が少なく、浜松市内のみならず、静岡市や県東部からも紹介患者が来院されます。
採取部位射出精巣上体精巣
症例693525
妊娠 (症例)54(38)39(28)12(10)
ICSI 当たり 妊娠率30.560.026.7
移植 当たり 妊娠率20.237.923.1
累積 妊娠率55.180.040.0
流産1072
多胎 (双胎)120
妊娠 当たり 流産率18.517.916.7
妊娠 当たり 多胎率1.95.10
出生児 (症例)44(34)33(26)6(6)
累積 生産率49.374.324.0

顕微鏡下精巣精子採取術(MD-TESE)

非閉塞性無精子症の症例に対し、2006年より開始。現在、静岡県内ではMD-TESEの施行件数が最も多く、全国的に見ても精子回収率は良好です。

週間スケジュール

月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日日曜日
8時30分~病棟回診病棟回診病棟回診病棟回診病棟回診病棟回診
9時00分腎センター病棟カンファ外来病棟カンファ腎センター術前カンファ病棟回診
9時30分腎センター手術外来手術腎センター病棟業務病棟回診
10時00分腎センター手術外来手術腎センター病棟業務病棟業務
11時00分腎センター手術外来手術腎センター
12時00分
13時00分検査手術検査手術検査
14時00分検査手術検査手術検査
15時00分検査手術検査手術検査
16時00分検査手術検査手術検査
17時00分~病棟業務手術
病棟業務
病棟業務手術
病棟業務
病棟業務

カリキュラム

教育コーディネーター(各科相談役)より

開腹(小切開)、腹腔鏡、経尿道的手術、泌尿器科的処置がきっちりこなせる泌尿器科医を目指します。 まずは、御相談ください。


今井 伸
E-mail:hm-hinyokika1-kenshu@sis.seirei.or.jp

医師・研修医 病院見学・実習申込・お問い合わせ