グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばして対象者別メニュー・ローカルナビへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビへ


2008年度はこちら


2008年12月2日


「抗菌薬のつかい方」
ささきち先生のLOVE Callにより、研修医自主開催で、内科専門医研修中のA樹先生にlectureしていただきました。

comment
抗菌薬について1年目の時よりも、
理解が深まりました

photo M.Jyunya


*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*


2008年11月26日


UCLAより、内分泌専門のSugawara教授をお迎えし
Endocrine-Immune-Cancer Connection」のlectureをしていただきました。

将来は当院の内科レジデントやスタッフがUCLA関連病院で研修できるようになりそうです。


*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*


2008年11月11日


11月10、11日にVA病院から呼吸器内科専門のDr. Santiagoをお迎えしました。
総合診療内科、救急科、呼吸器内科 症例検討とBedside、lectureを通してご指導いただきました。

とても有意義な一日半を過ごしました。


*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*


2008年10月24日


トヨタ記念病院&聖隷浜松病院 交流プログラム in Seirei Hamamatsu Genral Hospital


聖隷浜松病院の中だけにとどまらず、広い視野を持つためにトヨタ記念病院研修医と2回目の交流を行いました。今回は「トリアージ訓練」を取り入れて、頭も体も使った交流会で夜の部も大変盛り上りました。



トリアージでは両研修医が4~5名のグループを作り、10症例のtriageをしました。

メイクアップ(熱傷)



*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*

2008年10月23日

10月22・23日の2日間、VA Medical CenterからDr.Dean Normanをお招きし、研修医の先生方を中心に、症例発表などを行いました。
写真(上)はレクチャーの様子、写真(下)は研修医1年目のA井先生と
K藤先生がDr.Normanと深く(?)語り合った後の記念撮影です。
得意の英語力をフルに発揮し、話に花が咲きました。




*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*

2008年9月30日

当院では、研修医が北米式の研修がうけられるよう、UCLAからティーチングスタッフを招聘しています。
今回はUCLAの関連病院であるVA病院から、感染症の専門家Dr.Matthew Bidwell Goetzをお招きし、レクチャーや病棟回診などを通して研修医にご指導いただきました。
写真は廻診の際に患者様とお話をしている様子です。
研修医は流暢な英語で通訳をし、Dr. Goetzと患者様との会話を手伝っていました。



*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*

2008年9月6日


☆゜・*:.。. .。.゜★Happy Birthday Dr.T naka★゜・*:.。. .。.:*・゜☆

救急科部長のT中先生の誕生日を、救急科ローテーション中の研修医を中心にお祝いしました。
甘いものには目がないT中先生・・・
おいしそうなケーキを持って、かわいい女性陣に囲まれてとても幸せそうですね。
バースデーケーキは2年目研修医のT居先生のチョイスです。
T中先生、おめでとうございます!!




*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*

2008年8月28日


地域医療研修中のH田先生が、デイケアの利用者さんと一緒に過ごしているショットです。
クイズを利用者さんと一緒に楽しんでいました。



*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*

2008年8月14日


我らが ゆみ姉 登場~
2008年3月研修修了生の追コン記念タンプラー produced by Yumiko



*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*

2008年7月31日


当院の地域医療研修では、診療所研修(往診)や介護保険福祉施設で研修を行います。

7月には地域医療研修中のI 原先生が、介護保険福祉施設の職員を対象として、
「フィジカル・アセスメント勉強会 in 愛光園」
講師をつとめました。

参加者からは質問が多数あり、大変好評でした。



*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*

2008年7月18日


納涼会の1コマ

超自然児[ogappy(おがぴー)]が特技を披露してくれました!!




*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*

2008年7月17日

専門医研修医の先生方に 「研修のおもしろさ&大変さ」 を聞きました。

外科専門医研修医  I 藤

当院での2年間の研修を終え、当院の外科でシニアレジデントとして働き始めてもうすぐ3ヶ月が経とうとしています。
当院の外科は、豊富な症例数に加え、さらにスタッフの数も大学病院の医局に匹敵するほどの大所帯です。予定手術はもちろん、緊急手術も連日のように行われており、非常に貴重な経験をさせていただいている毎日です。仕事をしていく中で、まだ充実感を実感することは少なく、どちらかというと自分の力不足に落ち込むことのほうが多い毎日ですが、知識や経験の浅い自分に対して、根気強く丁寧にご指導してくださっている病棟関係者並びに上級医の先生方には大変感謝しています。まだまだ知らないことが多く、勉強していかなければならないことが数多くありますが、早く成長し一人前になれるよう精進したいと思います。

more>>


今日の一枚
 
 今日は一日がんばった~図
 診療基本カンファレンスの後に、研修センターにて糖分補給之図!!

★救急科buddy★
1年目K谷先生(左)&指導医?!の2年目T地先生(右)


ん・・・??!



*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*


2008年7月13日


レ ジ ナ ビ フ ェ ア 2 0 0 8 in 東 京 に出展しました!!
当院のブースには、全国各地からたくさんの方々にお越しいただきました。

当院のブースにて、研修センター新聞 「 Infinity ∞ 」の合同セミナー特別版
   「研修医24人に聞きました!!
    聖隷浜松病院研修体制merit(^_^)&demerit(>_<)」

の調査結果を配布しましたが、大変好評でセミナーの終盤にはなくなってしまいました。
ご興味のある方はメールにて研修センターまでご連絡ください。


        
  
     ┏━┳…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
     ┃☆┃  今回参加した1年目研修医から一言!! 
     ┗━┻…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

   
   ◆K村先生◆
   「学生さんとお話をしてよい刺激を与えられ、
    自分のビジョンをもっとしっかり持つことの
    必要性を感じた」


     …━…━…━…━…━…━…━…━…━…

   ◆S木先生◆
   「実際に学生さんが実習に来た時に、
    自分の働く姿を見てがっかりされないよう、
    説明したことを自分も実践しなくては…と思った」
 
     …━…━…━…━…━…━…━…━…━…
    それぞれ感じたことがあったようです。
   (二人とも、2年目研修医の先生から差し入れのあった“ふがし”に夢中です☆)




*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*

2008年7月12日


超音波検査は研修医にとって特に救急外来で検査する機会がたくさんあります。
今回、1年目研修医の先生方が 「心エコー&腹部エコー勉強会」 を臨床検査技師さんのご協力で行いました。



[参加した研修医の感想]
 今まで系統的に教えていただく機会がなかったので、とても勉強になりました
 脾臓・膵臓がみえるようになりました
 今まで以上に救急外来で役立ちそうです
 エコーに自信がつきました

研修医同士でエコーをしました



*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*

2008年7月14日

輪状甲状靭帯切開講習会」 が開催されました。

この会は、救急科 T中先生に指導いただき第6回目になります。
今回は、看護師が実際の手技中の介助方法を習得することを目的に行われました。

研修医や学生さんも看護師に介助してもらい練習していました。



2009年3月11日

当院では毎年、研修を修了する研修医が2年間の研修の成果を職員の前で発表する「研修医の主張」を開催していますが、
今回で第4回目となる「研修医の主張」を開催いたしました。

院内外から医師・看護部・医療技術部・事務部と、他職種の方々にお集まりいただくことができ、会場は満席。
多くの方が見守る中、今年度研修を修了する2年目研修医が2年間の研修を振り返り、成長したこと、これからの課題、周囲への感謝の気持ち、将来への希望など、それぞれの思いを自分なりの表現で発表しました。会場は、涙や笑いと大変あたたかい拍手で溢れていました。

主張が終了したあとは、研修修了証を堺院長から、また記念の手術中の写真を鳥羽山副院長から一人ずつ手渡されました。






*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*

2009年3月28日

当院では研修開始時の1年次4月に2年間の研修の自己目標をポートフォリオ上で作成しますが、研修1年終了した時点で目標の達成度を自己評価し、同学年でお互いに評価しあう「ポートフォリオ発表会」を開催しています。

今年度も1年目研修医12名の発表会が行われ、4月にたてた自己目標の達成度を振り返り、それぞれの成果を発表しました。

達成された人もあり、まだまだ未達成の項目もあり・・・

お互いに良いところを認めあい、励ましあい、2年次の研修が実り多いものになるよう、決意を新たにしました。


*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*

*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*

2008年7月11日


こんにちは。

聖隷浜松病院での研修のホッとするようなHOTな情報を皆さまにお届けする

     「 ほっとDiary編集部 」 です。

「実際に研修医はどのような毎日を過ごしているのか知りたい」
「研修プログラムなど、セミナー等で配布された資料を読んでもイメージが沸きづらい」など、
皆さま多くの疑問をお持ちではないでしょうか。

       そ      こ      で     !    !

「ほっとDiary」では、皆さまにできるだけ近い目線で、
わかりやすく、楽しく当院の研修を紹介したいと思います。

今月から随時更新させていただきますので、皆さまぜひご覧ください。

取り上げて欲しい内容のご提案や、より詳しい説明が欲しいなどのご要望が
ございましたら、研修センターまでお気軽にご連絡ください。

よろしくお願いいたします。


◆ お 知 ら せ ◆

7月13日(日) レジナビフェア2008 in 東京ビックサイト に
参加します!

研修医4名&研修センタースタッフがブースにおりますので、
ぜひお立ち寄りください。

今回のブースデコレーションにもご注目いただきたいと思います◎

『研修医24人に聞きました!!聖隷浜松病院研修体制のmerit(^_^)&demerit(>_<)』 の調査結果を載せた研修センター新聞「Infinity ∞号外」を配布予定です。

皆さんのお越しを心よりお待ちしております♪

*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*..*

研修センター e-mail:hm-kenshu@sis.seirei.or.jp



当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?