グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばして対象者別メニュー・ローカルナビへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビへ


臨床研修プログラム


研修理念

聖隷浜松病院理念を理解し常に病む者とともにあり、地域医療に貢献できる医師となるよう、プライマリ・ケアの基本的な診療能力(知識・態度・技能)を身に付け、社会常識の涵養、人格の陶冶につとめる

臨床研修プログラム

名称 聖隷浜松病院臨床研修プログラム2014(プログラム番号 030392008) 

プログラム責任者:
渡邊卓哉(人材育成センター副センター長兼聖隷浜松病院院長補佐兼感染管理室長兼総合診療内科部長)
副プログラム責任者:
藤本礼尚(てんかんセンター副センター長兼てんかん科部長)


臨床研修指定区分

臨床研修指定区分(施設番号:030392)

臨床研修指定病院 1980年  3月12日付 指定
単独型臨床研修指定病院 2003年 10月30日付 認定
基幹型臨床研修指定病院 2009年  9月24日付 変更

協力病院

【精神科】 聖隷三方原病院

協力施設

【精神科】 好生会三方原病院、神経科浜松病院
【地域医療】 あつみ神経内科クリニック、特別養護老人ホーム和合愛光園、聖隷健康診断センター
岩手県立釜石病院、岩手県立大槌病院、釜石ファミリークリニック、坂の上ファミリークリニック

Point1

総合診療内科と救急科のローテーション、および2年間通年の救急外来日当直によって、プライマリ・ケアに重点を置いた研修ができる

Point2

病歴の聴取・身体診察に基づく鑑別診断、検査計画の立案などのEBMに則った臨床推論、プレゼンテーションやコンサルテーション能力の獲得ができる

Point3

高度な診療を提供している各専門診療科での研修で、さらに知識や技術の向上ができる

選択研修科目

総合診療内科、呼吸器内科、消化器内科、膠原病リウマチ内科、腎臓内科、内分泌内科、
神経内科、循環器科、精神科、産婦人科、小児科、新生児科、外科、消化器外科、
肝・胆・膵外科、乳腺科、大腸肛門科、小児外科、呼吸器外科、泌尿器科、耳鼻咽喉科、
眼科、眼形成眼窩外科、形成外科、放射線科、腫瘍放射線科、緩和医療科、化学療法科、
腫瘍治療科(腫瘍放射線科・緩和医療科・化学療法科の3科のローテーション)、皮膚科、
麻酔科、心臓血管外科、脳神経外科、リハビリテーション科、整形外科、臨床検査科、
病理診断科、救急科、脳卒中科、てんかん科、手外科

当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?