グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



  • 浜松市在住の皆さま
  • 静岡市在住の皆さま
  • 事業所・団体の皆さま
ホーム  > 管理栄養士コラム  > 正しく知って賢く活用 “食品の機能性表示”

正しく知って賢く活用 “食品の機能性表示”

2015年4月から「機能性表示食品」制度がスタートしました。
機能性を表示することができる食品は、これまで国が個別に許可した特定保健用食品(トクホ)と国の規格基準に適合した栄養機能食品に限られていました。そこへ新たに、健康の維持・増進が期待できることを表示できる「機能性表示食品」が、保健機能食品として加わりました。

“機能性表示食品”とは?

  • 「おなかの調子を整えます」「脂肪の吸収をおだやかにします」など、健康維持および増進が期待できることを表示できる食品です。
  • 消費者が誤認することなく商品を選択することができるよう、適正な表示などによる情報提供が行われます。
  • 安全性の確保を前提とし、科学的根拠に基づいた機能性が、事業者の責任において表示されるものです。
    ※国が安全性と機能性の審査を行っているものではありません。
    ※届け出られた情報は消費者庁のウェブサイトで公表されます。
  • 疾患に罹患していない方(未成年、妊産婦(妊娠計画中を含む)および授乳婦を除く)を対象とした食品です。
  • 生鮮食品を含め、すべての食品(一部を除く)が対象となります。

“機能性表示食品”の表示に書かれていること

  • パッケージの主要な面に「機能性表示食品」「届出番号」
    ※消費者庁のウェブサイトで、届出番号ごとに安全性や機能性の根拠に関する情報を確認できます。
  • 科学的根拠を基にした機能性について、消費者庁長官に届け出た内容
    ※健康の維持および増進に役立つ内容が表示されています。
  • 一日あたりの摂取目安量、摂取方法、注意事項
  • 「機能性表示食品」は医薬品ではないこと

機能性が表示されている食品

特定保健用食品(トクホ)

健康維持増進に役立つことが科学的根拠に基づいて認められ「食後の血糖値が気になる方に適しています」などの表示ができる食品です。
表示の効果や安全性については国が審査を行い、食品ごとに消費者庁長官が許可しています。

栄養機能食品

栄養成分(ビタミン・ミネラルなど)の機能を表示できる食品です。すでに科学的根拠が確認された栄養成分を一定の基準量を含む食品であれば、申請や審査等は不要で国が定めた表現によって機能性を表示できます。

今後、健康の維持・増進に関する機能をうたう食品が増えれば、消費者は一層、食品選択の目が必要になります。
食品の機能性表示を正しく理解し、賢く活用しましょう。

《参考資料》消費者庁「機能性表示食品って何?」