グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



  • 浜松市在住の皆さま
  • 静岡市在住の皆さま
  • 事業所・団体の皆さま
ホーム  > 管理栄養士コラム  > トランス脂肪酸

トランス脂肪酸

トランス脂肪酸ってどんなもの?

トランス脂肪酸には牛肉や羊肉、牛乳などの天然食品に含まれているものと、油脂を加工・精製されて生じるものがあります。主に、油脂を加工・精製して製造されるマーガリン、ファットスプレッド、ショートニング、それらを原材料に使ったパン、ケーキ、ドーナツなどの洋菓子、揚げ物などに含まれています。
トランス脂肪酸を摂りすぎると、HDL(善玉)コレステロールが減るかわりにLDL(悪玉)コレステロールが増え、心筋梗塞や虚血性心疾患などのリスクが高くなります。

日本の現状

欧米諸国では規制が進むトランス脂肪酸ですが、日本人の食事では脂質そのものの摂取が少ないためトランス脂肪酸の摂取も少ない状況です。しかし、食の欧米化・ファストフードの流通により、日本人でも欧米並みの脂質摂取をしている場合があります。
欧米諸国では使用規制やパッケージへの表示義務があります。 さらに、米国食品医薬品局(FDA)は2018年6月以降は原則使用を認めない方針を打ち出しています。
日本では食品事業者による自主的な努力によって、トランス脂肪酸の含有量が従来よりも少ない食品が販売されてきています。現時点では、食品中のトランス脂肪酸について表示の義務や含有量に関する基準値はありません。また、トランス脂肪酸だけではなく、不飽和脂肪酸や飽和脂肪酸、コレステロールなど他の脂質についても表示の義務や基準値はありません(各メーカーのホームページやお客様センターへの問い合わせで回答が得られるケースもあります)

どうしたらいい?対策は?

トランス脂肪酸が含まれている食品が好きな方には、少し摂取を控えることをおすすめします。
パン食を米食(和食)に変えてみませんか。
間食(おやつ)も洋菓子ではなく、脂を使っていない和菓子がおすすめです。

引用