グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



  • 浜松市在住の皆さま
  • 静岡市在住の皆さま
  • 事業所・団体の皆さま
ホーム  > 管理栄養士コラム  > おせちとお雑煮

おせちとお雑煮

食べ過ぎに気をつけて、お正月には一年の初めらしく縁起物を取り入れてみてはいかがでしょうか。
皆様が健やかに、良い年を迎えられますように。

おせち料理の意味

おせち料理

おせち料理の起源は弥生時代といわれます。
大漁や豊作を願って、神様にお供えしたお料理を「御節供(おせちく)」といい、後に略され「おせち」と呼ばれるようになりました。重箱に詰められるお料理には、各々意味が込められています。
  1. 数の子:【子宝・子孫繁栄】。
    数の子はニシンの卵。ニシン(二親)の卵が多い(子供が多い)。
  2. 黒豆:【邪気払い・無病息災】。
    まめ(真面目)に働き、まめ(健康)に暮らせるように。
  3. 田作り:【豊作】。
    田作りはイワシの幼魚。イワシの肥料を使った田んぼが豊作だった。
  4. 紅白かまぼこ:【赤は魔除け・白は神聖】。
    半月型のかまぼこを、初日の出に見立てて用いられる。
  5. 栗きんとん:【財運・金運】。
    きんとんは漢字で金団と書き、金の団子・金の布団の意味がある。
  6. 伊達巻:【学問成就】。
    形状が巻物(むかしの書物)に似ていることから、知性をあらわす象徴。
  7. ごぼう:【安泰】。
    ごぼうは深く根をはることから、家族・家業がその土地にしっかり根をはるように。
  8. れんこん:【縁起物】。
    れんこんは汚れのない植物で、穴が開いた形状をしていることから、将来を見通す。

関東と関西のお雑煮

お雑煮といえば、お餅。
もともとお餅は神様にお供えするものであり、お祝いの食事や行事などで用いられてきました。
お雑煮には、収穫や無事に感謝し、新年の豊作や健康を願う意味があります。中身は地域によって異なり、その土地の特産物を入れることが多いのが特徴です。
●関東地域:しょうゆベース焼いた角餅鶏肉、かまぼこ、大根、人参、小松菜、三つ葉など
●関西地域:白みそベース丸餅里芋、大根、人参など