グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



  • 浜松市在住の皆さま
  • 静岡市在住の皆さま
  • 事業所・団体の皆さま
ホーム  > 管理栄養士コラム  > 『保健事業部の管理栄養士』のお仕事 その2

『保健事業部の管理栄養士』のお仕事 その2

今回も前回に引き続き、各センターで行っている栄養指導について紹介します。

宿泊ドックの栄養指導 

実施施設:聖隷予防検診センター・聖隷健康サポートセンターShizuoka

宿泊ドックの方に栄養問診で食事のバランスの評価を行なっています。
人間ドックの結果をふまえて、栄養問診結果表にコメント・アドバイスを
記入して渡しています。

健康診断後のフォローアップ

1. 健診後の精密・再検査の方への栄養指導
実施施設:聖隷健康診断センター・聖隷予防検診センター・聖隷健康サポートセンターShizuoka
血圧、糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症、肝機能障害などの再検査の方に、明日から改善できる
食事プランの提案を行っています。

2. 外来の栄養指導
① 内分泌外来の栄養指導
実施施設:聖隷健康診断センター
血糖値が高い方のための専門医師による精密検査外来です。
糖尿病に進行しないように、食事改善プランを提案しています。 

② レディスクリニックの栄養指導
実施施設:聖隷健康サポートセンターShizuoka

体重の変化と婦人科系疾患は関連があることがあるため、医師の指示のもと婦人科の患者様の栄養指導を
行っています。
例えば月経不順の原因の一つである「多のう胞性卵巣症候群」は、月経不順だけでなく、インスリン抵抗性を
認め、糖尿病予備軍としてのリスクや脂質異常症、肥満などを伴うことが多くあります。そのため、生活習慣を
見直すための食事改善プランを提案しています。
また、ダイエット等による低栄養・低体重も、月経不順・無月経の原因となります。無月経の期間が長いほど、
脂質異常症や骨密度の減少などもおこりやすくなるため、栄養バランスの改善による体重の増量のための
栄養指導を行います。