グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



  • 浜松市在住の皆さま
  • 静岡市在住の皆さま
  • 事業所・団体の皆さま
ホーム  > 管理栄養士コラム  > 抗酸化食品で紫外線対策をしよう

抗酸化食品で紫外線対策をしよう

夏本番を迎え、毎日のように「記録的猛暑」という言葉をニュースや新聞などで目にします。そんな時、気になるのがまぶしい太陽から降り注がれる『紫外線』です。紫外線を浴びると活性酸素が発生し、酸化ストレスが高まることで、肌にシミや皮膚がんなどのダメージをもたらします。活性酸素の働きを抑えてくれる抗酸化食品をしっかり摂りましょう。

※抗酸化食品・・・活性酸素の発生やその働きを抑制したり、活性酸素そのものを取り除く食品のこと
抗酸化作用のある栄養素を含む食品

抗酸化食品を手軽に摂れるレシピ

トマトにはビタミンCが、にんじんにはβカロテンが多く含まれています。パプリカはビタミンA、C、Eが豊富です。暑い季節でもさっぱり食べられる冷静スープです。ぜひお試しください。

冷製 夏野菜たっぷりミネストローネ

【材料】
玉葱 中1個、人参 1/2本、ズッキーニ 1本
パプリカ 1個、なす 中1本、ホールトマト 1缶、ベーコン 4枚
にんにく  少々、チキンブイヨン 500cc、塩 少々、胡椒 少々
乾燥ハーブ 少々、オリーブ油 小さじ2

【作り方】
  1. 玉葱、人参、ズッキーニ、パプリカ、なす、ベーコンはすべて1cm角に切る。
  2. 鍋にオリーブ油を入れ弱火でみじん切りにしたにんにく、ベーコン、①の野菜の順に炒める。
  3. 野菜がしんなりしてきたらチキンブイヨン、ホールトマト、乾燥ハーブを入れ弱火で煮る。
  4. 野菜がやわらかくなったら、塩・胡椒で味を整えて冷蔵庫で冷やして出来上がり。