グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



  • 浜松市在住の皆さま
  • 静岡市在住の皆さま
  • 事業所・団体の皆さま
ホーム  > 管理栄養士コラム  > 家庭で出来る食中毒予防

家庭で出来る食中毒予防

食中毒というと、飲食店で発生するもの、と思われがちですが、家庭の食事でも発生しています。
だんだんと涼しくなってきますが、食中毒は1年中発生しています。
今回は、家庭でできる食中毒予防についてご紹介します。
食中毒予防の3原則は 食中毒の原因菌やウイルスを
つけない!ふやさない!やっつける!

「つけない!」ために

厚生労働省サイトより

食品を取り扱う時は、必ず手洗いをしましょう。 
手洗いの正しい方法はご存知でしょうか?
厚生労働省のサイトに正しい手洗い方法が紹介されています。
手洗いは食中毒だけでなく、様々な感染症予防の基本となりますので、ぜひ普段から意識して手洗いをしましょう。

食品を取り扱うまな板も、清潔に保つことが大切です。定期的に漂白剤などで消毒しましょう。
出来れば生食用、肉用など、食品別に使い分けられると良いです。

食器洗い用のスポンジやふきんも、細菌の温床となりますので、毎日の消毒を心がけましょう。

また、肉、魚、卵は購入の時点で細菌が存在している可能性があります。
肉汁や卵液が気付かないうちに他の食品や器具類に付き、そこから細菌が広がる恐れがあります。
それぞれビニール袋に入れて、肉汁などが他の食品に触れないようにし、取り扱った後には手洗いをするようにしましょう。

「ふやさない!」ために

調理をしたら、常温に置いておくのは避けましょう。
細菌が最も繁殖しやすい温度は、20~50℃の時です。
加熱調理したものを保存する際は、出来るだけ早く冷まし、冷蔵庫で保管しましょう。
10℃以下では、大部分の細菌の発育を抑えることができます。
ただ、冷蔵庫は開け閉めを繰り返すことで、庫内温度が上がります。
冷蔵庫を過信せず、調理したものは出来るだけ早く食べきり、食べる前には再加熱をしましょう。

また、細菌は湿気の多い部分を好みます。
お弁当を持っていく場合は、温かいまま蓋をせず、ご飯やおかずを完全に冷まし、蒸気がこもらないようにしましょう。

「やっつける!」ために

多くの食中毒菌は、75℃以上で1分間以上加熱することで死滅します。
ノロウイルスに関しては、85℃以上で90秒間以上の加熱が必要です。
食品の中心部分までしっかり加熱しましょう。

聖隷栄養部門 自主衛生管理マニュアル参照

普段から「つけない!ふやさない!やっつける!」を意識して、
安全に食事を楽しみましょう!