グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



  • 浜松市在住の皆さま
  • 静岡市在住の皆さま
  • 事業所・団体の皆さま
ホーム  > お知らせ  > 「40歳時の脂質データに影響を及ぼす35歳時の生活習慣の検討」について

「40歳時の脂質データに影響を及ぼす35歳時の生活習慣の検討」について

当保健事業部(聖隷健康診断センター、聖隷予防検診センター、地域・企業健診センター、聖隷健康サポートセンターShizuoka、聖隷静岡健診クリニック)は、受診される方の健康の維持と増進をはかるために、教育啓発事業、健康管理事業および健康支援事業を進めてまいりました。
このたび、受診者様へより良い健康情報が提供できるように、東京大学(研究責任者:健康増進科学 准教授 李 廷秀)および聖隷健康診断センター(研究責任者:聖隷健康診断センター 所長 武藤繁貴)の共同研究「健診受診者における心房細動の関連因子」に協力するはこびとなりました。
協力にあたりましては、個人が特定されない形にした受診者様データを上記健康増進科学研究室に提供いたしますが、受診者様がデータの提供を拒否することも可能ですので、その場合は下記お問い合わせ窓口までご連絡ください。
なお、データの提供を拒否されても受診者様が不利益を被ることはございません。

調査対象者及び調査内容

【調査対象者】
(1):2008年4月1日~2010年3月31日にドック・健診を受けた35歳男性受診者
(2):(1)に該当し、2013年4月~2015年3月に40歳でドック・健診を受けた方
(3):(1)(2)に該当し、両時点で脂質治療の無い方

【調査内容】
計測値(BMI)、検査データ(TG、HDL-C、LDL-C)、問診データ(喫煙、食生活、運動、睡眠・ストレス・労働、飲酒)これらのデータを使用し、40歳時点での脂質データの変化と、35・40歳時点の生活習慣の関連を調査する。

お問い合わせ窓口

社会福祉法人 聖隷福祉事業団 保健事業部経営管理室 課長 飯塚 岳人
〒430-0906 静岡県浜松市中区住吉2-35-8
電話:053-473-5506 FAX:053-474-2505