グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



  • 浜松市在住の皆さま
  • 静岡市在住の皆さま
  • 事業所・団体の皆さま
ホーム  > お知らせ  > 乳房トモシンセシス(3Dマンモグラフィ)を開始します

乳房トモシンセシス(3Dマンモグラフィ)を開始します

通常のマンモグラフィより詳しい検査を希望する方におすすめです


乳がん検診の検査項目のひとつに、マンモグラフィ検査があります。
マンモグラフィ検査では、正常な乳腺も白く写るため、乳腺が多い高濃度乳腺の場合、乳がんが写っていても乳腺に隠れてしまうことがあり、正確な診断が難しい場合があります。
一般的に、年齢が若い20~30代ほど乳腺濃度は高いと言われていますが、実は日本人女性はこの高濃度乳腺の割合が多く、40歳以上の方でも乳腺濃度の高い方が少なくありません。

聖隷健康診断センターではマンモグラフィ装置の更新に伴い、乳房トモシンセシス(3Dマンモグラフィ)が撮影できる機能を備えた装置を導入しました。乳房トモシンセシス(3Dマンモグラフィ)は撮影角度を変えて複数の方向から撮影し、画像を構築します。これにより、従来のマンモグラフィと比較して、乳腺濃度に関係なく乳房内の観察がしやすくなり、正確な診断が可能となります。被ばく量はこれまでとほぼ変わりませんのでご安心ください。

検査を希望される方は、7月1日より通常のマンモグラフィにプラスして検査を受けていただけます。

乳房トモシンセシス(3Dマンモグラフィ)リーフレット


乳がんは早期発見が大切です

乳がんは早期に発見することにより、10年の生存率が約90%まで上昇します。また、早期発見であれば自分が望む手術や治療を医師と相談出来たり、入院期間や再発防止の治療期間も短くなりますので、経済的負担も軽くてすみます。乳がんは早期発見がとても大切です。

日本では、乳がん健診を受診している割合がOECD加盟国の中で最低レベルであり、米国の1/3程度であることから救える命を失ってしまっているのが現実です。

注意事項

下記に該当される方は、検査を受けられないことがあります。ご予約時にご相談ください。

  • 妊娠中、もしくは妊娠の可能性がある
  • 授乳中
  • ペースメーカーを使用している
  • V-Pシャントがある
  • 豊胸手術をした

お問い合わせ

浜松地区予約センター   TEL:0120-938-375
※予約受付時間(祝日を除く)
  月曜日~金曜日:8時30分~17時00分 / 土曜日:8時30分~12時00分