グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



  • 浜松市在住の皆さま
  • 静岡市在住の皆さま
  • 事業所・団体の皆さま
ホーム  > お知らせ  > 渉外担当者研修会を開催いたしました

渉外担当者研修会を開催いたしました

保健事業部では、健保組合や事業所との、渉外の窓口担当者のスキルアップを目的として、事務職に加えて、医師や保健師等の医療職も講師となり、定期的に研修会を開催しています。今回は、3月16日(土)に開催し、33名の職員が参加しました。

2019年度から開始される「風しんの追加的対策」に向けた対応と、昨今、従業員の健康管理を重視する企業様からのお問合せが増えている「健康経営」、そして前回に引き続き「特定保健指導」に着目し、研修を行いました。

特定保健指導については、職員自身が模擬利用者となり、保健師が行う実際の初回面談・最終面談のロールプレイを体験しました。面談の現場で、実施者がどのような視点で指導を行っているか、自分自身の目で見て、耳で聴く体験型の研修を実施しました。

参加した職員からは、「ロールプレイを見ることで、実際の面談をイメージすることができ、利用者様への特定保健指導の必要性や具体的な説明の根拠が理解できた」という意見があり、今回も大変有意義な研修となりました。

保健事業部では、ご利用いただく皆さまの様々な要望にお応えできるよう、スタッフ一同、引き続き努力して参ります。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

《研修会の様子》

《特定保健指導のロールプレイの様子》