グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



  • 浜松市在住の皆さま
  • 静岡市在住の皆さま
  • 事業所・団体の皆さま
ホーム  > 看護部のご紹介  > 職場紹介

職場紹介

保健看護管理課

看護部長指示のもと、継続教育、人材育成、キャリア開発など、看護部スタッフを後方から支援しつつ、見守っています。
看護学生等の実習の際には、各課との橋渡しもしています。
よろず相談所、駆け込み寺的な(?)ポジションで、看護部スタッフのお手伝いができればと思っています。

聖隷健康診断センター 健診看護課

聖隷健康診断センター健診看護課は、ドック・精密外来・婦人科・内視鏡・情報の5チームで構成され、人間ドック、脳ドック、PET健診、各種健康診断の実施から結果処理(報告を含む)および精密外来を担当しています。

「わたしたちは、利用者の皆様と力を合わせてお一人おひとりの健康の実現を支援します」の事業部理念のもと、利用者の皆様の目線に立った質の高いサービスの提供とおもてなしの心を大切に、日々、一次予防、二次予防に取り組んでいます。利用者の皆様がセルフケアの必要性を理解し、自ら健康行動をとることができるような支援と、安心・安全・安楽な検査の提供、利用者にとって価値のある結果報告を目指しています。

新人や既卒入職者のための保健指導基礎研修や各チームの専門性を高めるための学習会、学会や研修会への参加も積極的におこなっています。

スタッフ一人ひとりが自分の成長を自覚し、仕事のおもしろさや楽しさを発見できる職場です。

聖隷予防検診センター 健診看護課

聖隷予防検診センター健診看護課は、保健師・看護師・医療秘書・事務・看護助手の約40名が、人間ドック・外来診察・内視鏡の3チームに分かれて業務をおこなっています。毎年新人を迎え、20代から60代まで、ママさんも活躍できる職場です。

人間ドックの保健指導では、検査結果をもとに豊かな生活を送っていただくための目標と計画を、利用者と共に考えます。1年に1回の出会いですから、その方にとって大切な一場面になるようにと緊張感を持って臨んでいます。

外来診察では、一次健診をきっかけとした生活習慣の努力がデータ改善につながっている場面に立ち会え、利用者の方と一緒に喜びを感じあうことができます。

内視鏡センターでは、胃と大腸の内視鏡検査を実施しています。内視鏡検査と聞くと「やりたくない」と思う方もいらっしゃいますが、『やってよかった、来て良かった、居心地のいい内視鏡』を目指し、受診者満足度調査では施設内1位を獲得しました。

キャリアアップのための研修も計画的におこなわれ、研修に参加できる体制を整えています。また、学会への演題発表も毎年おこなっています。

受診者の方の心に寄り添う保健指導を、私たちと一緒におこなってみませんか?

地域・企業健診センター 健診看護課

私たちは、日々、健診車に乗り地域や企業に赴いて、地域住民や働く人々の健康診断をおこなっています。
地域や企業に赴くことで、どんな場所で生活し働いているのかを直接知ることができ、その人らしい健康生活へのサポートもしやすくなります。
健康診断では問診聴取・血圧測定・採血業務を担当します。健康診断へは健診看護課だけではなく、放射線課、検査課など他部署スタッフと共に出動するため、色々な情報交換ができます。

新人教育制度も充実しています。
看護部内や課内研修だけでなく、地域や企業の健康診断に出かけるようになってからも、先輩スタッフが1対1で業務等を教えてくれます。職場全体で新人を育て、先輩も一緒に学んでいく教育体制が整っています。最初は不安もありますが、優しく教えてくれる先輩たちのおかげで、1人でも自信を持って健康診断へ赴くことができるようになります。

健康診断の結果を送付するのも私たちの大切な仕事です。
私たち保健事業部は、結果を送付するだけでなく、受診の必要な人が確実に受診できるよう、同時に受診勧奨をする、といった事後フォローにも力を入れています。健康診断→結果報告→事後フォローというトータルサポートをおこなう中で、看護職としての視点を充分に活かすことのできる職場だと感じています。

2013年度には産業保健プロジェクトが発足しました。ここでは、私たちが健康診断の現場で得た情報の活用方法について検討していく予定です。

スタッフ一人ひとりのアイディアややる気を活かしてくれる職場です。
一緒に働けば、必ず新しい発見ができると思います。
一緒に働ける日を楽しみにしています!!

聖隷健康サポートセンターShizuoka 健診看護課

天気の良い日にはきれいな富士山が見える東静岡駅から徒歩3分。
カフェテリアからはグランシップ芝生広がの鮮やかな緑と、たまに走るドクターイエロー(新幹線)が目を楽しませてくれます。
聖隷健康サポートセンターShizuokaは、2010年4月に開設した新しい施設です。
健診看護課内だけでなく、各課が協力して新しい業務を作り上げています。
合言葉は「協力と工夫」
少人数でも皆で協力しあえる、あたたかな職場です。
健診看護課は
  • 4階チーム(人間ドック、一般健診、特定保健指導、栄養指導)
  • 3階チーム(内視鏡、婦人科健診、レディスクリニック)
  • 2階チーム(外来)
  • 情報チーム(健診結果報告)
  • 静岡健診クリニックチーム(一般健診、婦人科健診)
の5つのチームが応援しあって業務をおこなっています。

健康支援課

健康支援課では、看護職(保健師・看護師)、管理栄養士、健康運動指導士の3種の専門職と事務職が連携し、利用者の皆様のこころと体の健康を支援しています。

個別健康相談や出張健康相談、健康づくり講演など、健康づくりの保健活動をおこなっています。
特定保健指導では、生活習慣病の発症リスクが高い方への生活習慣改善の支援をしています。また、職業性ストレス診断や診断後の健康相談により、働く皆様のこころの健康支援もおこなっています。

健診受診後の再検査や精密検査を受診された方には、医師の指示のもとで治療の一環としての栄養指導を実施しています。個別栄養相談もおこなっており、悩みに合わせた改善方法を共に考え、提案しています。

運動教室では、生活習慣病の予防と改善、体力・筋力の向上、ストレス解消など、あらゆる面から健康を支援する各種プログラムを提供しています。楽しみながら積極的に体を動かし、健康長寿を目指します。

統計情報課

ビジョン

私たちは、保有する健診データの管理・分析を推進し、新たな保健事業の展開につながる統計情報を発信します。

業務内容

  • 統計情報に関する集計業務依頼への対応(事業年報等)
  • 各種学会全国集計への対応
  • がん追跡調査
  • 二次検査の受診結果に関する入力業務
  • 再検査、未検査、未受診者への受診勧奨業務
  • 労災二次健診未予約者へのアプローチ業務
  • 産業保健活動
  • 統計情報に関する通信の発行
  • 講演(講師)活動
  • 学会発表 等

スタッフ紹介

専門職のスキルを発揮し、
“正確” “タイムリー” “わかりやすく”をキーワードに業務を遂行しています!!

聖隷健康診断センター・聖隷予防検診センターに分かれ、
  • 保健師2名
  • 看護師1名
  • 管理栄養士1名
  • 事務職3名(第1種衛生管理者2名)
計7名の職員が協力連携して業務を遂行しています。