グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



  • 浜松市在住の皆さま
  • 静岡市在住の皆さま
  • 事業所・団体の皆さま

特殊健康診断

健康に有害な業務に従事している労働者に対して、法令により特殊健康診断が定められています。
(検査によっては対応できない場合がございますので、詳しくはお問合せください)


じん肺健康診断

じん肺法施行規則に定められた29種類の粉じん作業(参照)のいずれかに常時従事し、または従事したことのある労働者に対しては、(1)就業時・(2)定期・(3)定期外・(4)離職時に、次の項目のじん肺健康診断をおこなわなければなりません。
じん肺健康診断の結果、管理区分が管理2または管理3となった労働者(じん肺有所見者)には「肺がんに関する検査」をおこなうこととなっております。(じん肺法第3条、第7条~第9条の2)
検査項目
粉じん作業についての職歴の調査
エックス線写真による検査(胸部全域の直接撮影)

胸部エックス線写真にじん肺の所見が認められる者に行う検査

検査項目
胸部に関する臨床検査
  • 既往歴の調査
  • 胸部の自覚症状および他覚所見の有無の検査
肺機能検査
(一側の肺野の3分の1を超えるじん肺による大陰影の認められる者と合併症のある者を除く)
[一次検査]
スパイロメトリーおよびフローボリューム曲線による検査
[二次検査]
動脈血のガス分析検査(二次検査は所定の要件を満たす場合のみ)
結核精密検査
(結核またはその疑いのある者)
  • 結核菌検査
  • エックス線特殊撮影による検査
  • 赤血球沈降速度検査
  • ツベルクリン反応検査
※医師が必要でないと認める場合は一部の検査を省略することができます。
その他の検査
(肺結核以外の合併症の疑いがある者については次の検査のうち、医師が必要と認めた項目について行う)
  • 結核菌検査
  • たんに関する検査
    (肺がんに関する検査としては、喀痰細胞診を行う)
  • エックス線特殊撮影による検査
    (肺がんに関する検査としては、胸部らせんCT検査を行う)

じん肺健康診断の実施に関する詳細については、『じん肺診査ハンドブック』(厚生労働省労働衛生課編、中央労働災害防止協会発行)などを参照してください。

有機溶剤健康診断

法令で定められた有機溶剤業務に従事する労働者に対しては、雇入れ時、当該業務への配置替え時およびその後6ヶ月以内ごとに1回定期に、次の項目の健康診断を実施しなければなりません。(有機溶剤中毒予防規則第29条)
必ず実施すべき検査項目
1業務の経歴の調査
2有機溶剤による健康障害の既往歴の調査
有機溶剤による自覚症状および他覚症状の既往歴の調査
有機溶剤による5~8および10~13に掲げる異常所見の既往の有無の調査
(4)の既往の検査結果の調査
3自覚症状または他覚症状の有無の検査(下記表 1~22の症状参照)
4尿中の有機溶剤の代謝物の量の検査
5尿中の蛋白の有無の検査
6肝機能検査(AST(GOT)・ALT(GPT)・γ‐GT(γ‐GTP)・ALP・LD(LDH))
7貧血検査(赤血球数、血色素量)
8眼底検査
4および6~8は下記表に示した有機溶剤に限る
医師が必要と判断した場合に実施しなければならない検査項目
9作業条件の調査
10貧血検査
11肝機能検査
12腎機能検査(尿中の蛋白の有無の検査を除く)
13神経内科学的検査

自覚症状または他覚症状について

医師が次の項目のすべてをチェックしなければなりません。
自覚症状・他覚症状
1.頭重 2.頭痛 3.めまい 4.悪心 5.嘔吐 6.食欲不振 7.腹痛 8.体重減少 9.心悸亢進 10.不眠
11.不安感 12.焦燥感 13.集中力の低下 14.振戦 15.上気道または眼の刺激症状
16.皮膚または粘膜の異常 17.四肢末端部の疼痛 18.知覚異常 19.握力減退
20.膝蓋腱・アキレス腱反射異常 21.視力低下 22.その他

有機溶剤の種類検査項目
代謝物肝機能貧血眼底
キシレン、スチレン、トルエン、1,1,1-トリクロルエタン、ノルマルヘキサン
N,Nジメチルホルムアミド、トリクロルエチレン、テトラクロルエチレン
クロルベンゼン、オルトジクロルベンゼン、クロロホルム、四塩化炭素、1,4-ジオキサン,1,2ジクロルエタン、1,2-ジクロルエチレン、1,1,2,2-テトラクロルエタン、クレゾール
エチレングリコールモノエチルエーテル、エチレングリコールモノエチルエーテルアセテート、エチレングリコールモノブチルエーテル、エチレングリコールモノメチルエーテル
二硫化炭素

電離放射線健康診断

放射線業務に従事し管理区域に立ち入る労働者に対しては、雇入れ時または当該業務への配置替え時およびその後6ヶ月以内ごとに1回、次の項目の健康診断を定期に実施しなければなりません。(電離放射線障害防止規則第56条)
検査内容
1被ばく歴の有無の調査およびその評価
2白血球数および白血球百分率の検査
3赤血球数、血色素量またはヘマトクリット値の検査
4白内障に関する眼の検査
5皮膚の検査

高気圧作業健康診断

高圧室内作業または潜水作業に従事する労働者に対しては、雇入れ時、当該業務への配置替え時およびその後6ヶ月以内ごとに1回、定期に、次の項目の健康診断を実施しなければなりません。
第一次検査の結果、医師が必要と認めた者については、第二次検査を実施しなければなりません。(高気圧作業安全衛生規則第38条)

第一次検査

検査項目
  • 既往歴および高気圧業務歴の調査
  • 関節、腰もしくは下肢の痛み、耳鳴り等の自覚症状または他覚症状の有無の検査
  • 四肢の運動機能の検査
  • 鼓膜および聴力の検査
  • 血圧の測定ならびに尿中の糖および蛋白の有無の検査
  • 肺活量の測定

第二次検査

検査項目
  • 作業条件調査
  • 肺換気機能検査
  • 心電図検査
  • 関節部のエックス線直接撮影による検査

石綿健康診断

石綿作業従事者に対する健康診断を義務付ける石綿障害予防規則が制定され、
  1. 石綿等の取り扱いまたは試験研究のための製造に伴い石綿の粉じんを発散する場所における業務に常時従事する労働者
  2. 石綿などの製造または取扱いに伴い石綿の粉じんを発散する場合における業務に常時従事したことのある労働者
で、在籍者が健康診断の対象となります。(石綿障害予防規則第40~43条)
健康診断は、雇入れ時、当該業務への配置換え時および定期(6ヶ月以内ごとに1回)におこないます。
対象者の選定について、「石綿健康診断および石綿健康管理手帳の対象者の見直し(平成21年4月1日施行)に関するQ&A」には、次のことが掲げられています。

  1. 石綿などの製造または取扱いの業務(直接業務)に従事していた労働者
  2. 石綿の粉じんを発散する作業場における直接業務以外の業務(周辺業務)に常時従事し、または従事していた労働者
  3. ブレーキ、クラッチなどの機器などの整備、交換などの業務(対象業務となる場合がある)
  4. 石綿障害防止規則第15条の規定により関係者以外の立入禁止の措置を講ずるべき作業場において常時作業に従事し、または従事していた労働者
  5. 石綿製品が用いられている建物や施設、船舶や車両等の補修や解体の作業

石綿はじん肺健康診断の対象であるとともに、特定化学物質として扱われていたために、特定化学物質障害予防規則に準じて、6ヶ月ごとの健康診断になっています。

一次健康診断

検査項目
  • 業務の経歴の調査
  • 石綿によるせき、たん、息切れ、胸痛などの自覚症状または他覚症状の既往歴の有無の検査
  • せき、たん、息切れ、胸痛などの自覚症状または他覚症状の有無の検査
  • 胸部のエックス線直接撮影による検査

二次健康診断

検査項目
  • 作業条件の調査
  • 胸部のエックス線直接撮影による検査の結果、異常な陰影がある場合で、医師が必要と認めるときは、特殊なエックス線撮影による検査(胸部らせんCT検査)、喀痰の細胞診または気管支鏡検査

鉛健康診断

法令で定められた鉛業務に従事する労働者に対しては、雇入れ時、当該業務への配置替え時およびその後6月以内ごとに1回定期に、次の項目の健康診断を実施しなければなりません。(鉛中毒予防規則第53条)

検査項目

必ず実施すべき項目
1業務の経歴の調査
2鉛による自覚症状および他覚症状の既往歴の調査
血液中の鉛の量および尿中のデルタアミノレブリン酸の量の既往の検査結果の調査
3鉛による自覚症状または他覚症状と通常認められる症状の有無の検査(下欄1~10の症状)
4血液中の鉛の量の検査
5尿中のデルタアミノレブリン酸の量の検査
医師が必要と判断した場合に実施しなければならない項目
6作業条件の調査
7貧血検査
8赤血球中のプロトポルフィリンの量の検査
9神経内科学的検査

自覚症状または他覚症状について

医師が次の項目のすべてをチェックしなければなりません。
自覚症状・他覚症状
1.食欲不振、便秘、腹部不快感、腹部の疼痛など消化器症状
2.四肢の伸筋麻痺または知覚異常などの抹消神経症状
3.関節痛 4.筋肉痛 5.蒼白 6.易疲労感 7.倦怠感 8.睡眠障害 9.焦燥感 10.その他

特定化学物質健康診断

特定化学物質を取扱う労働者に対しては、雇入れ時、当該業務への配置替え時および6ヶ月以内ごと(ベリリウム及びニッケルカルボニルを取扱う労働者に対する胸部エックス線直接撮影による検査は1年以内ごと)に1回定期に実施しなければなりません。
また、特定化学物質を取扱う業務(労働安全衛生法施行令第22条第2項の業務に限る)に常時従事したことのある労働者で、現在雇用しているものに対しても6ヶ月以内ごとに同様の健康診断を実施しなければなりません。(特定化学物質障害予防規則第39条)

四アルキル鉛健康診断

四アルキル鉛など業務に従事する労働者に対しては、雇入れ時、当該業務への配置替え時およびその後3ヶ月以内ごとに1回定期に、次の項目の健康診断を実施しなければなりません。(四アルキル鉛中毒予防規則第22条)
検査内容
  • いらいら、不眠、悪夢、食欲不振、顔面蒼白、倦怠感、盗汗、頭痛、振顫、四肢の腱反射亢進、悪心、嘔吐、腹痛、不安、興奮、記憶障害その他の神経症状または精神症状の有無の検査
  • 血圧の測定
  • 血色素量または全血比重の検査
  • 好塩基点赤血球数または尿中のコプロポルフィリンの検査

VDT作業健康診断

VDT作業に常時従事する労働者に対しては、次の作業区分に応じて配置前および定期に、次の項目の健康診断を実施する必要があります。
作業区分A作業区分B作業区分C

騒音作業健康診断

等価騒音レベルが85dB異常になる可能性が大きい60作業場の業務に従事する労働者に対し、雇入れ時、または当該作業への配置替え時および6ヶ月以内ごとに1回定期に、次の項目の健康診断を実施する必要があります。ただし、作業環境測定の結果その作業場の等価騒音レベルが85dB未満の場合には、6ヶ月以内ごとに1回の定期の健康診断は省略することができます。

雇入れ時等健康診断

検査内容
  • 既往歴および業務歴の調査
  • 自覚症状および他覚症状の有無の検査
  • オージオメータによる250、500、1,000、2,000、4,000、8,000ヘルツにおける聴力の検査
  • その他医師が必要と認める検査

検査内容(定期健康診断)

検査内容
  • 既往歴および業務歴の調査
  • 自覚症状および他覚症状の有無の検査
  • オージオメータによる1,000および4,000ヘルツにおける選別聴力検査

  • <健康診断の結果医師が必要と認めた者>
  • オージオメータによる250、500、1,000、2,000、4,000、8,000ヘルツにおける聴力の検査
    (気導絶音聴力レベル測定法)
  • その他医師が必要と認める検査

腰痛健康診断 他

対象となる業務

  1. 重量物取扱い作業
  2. 重症心身障害児施設などにおける介護作業
  3. 腰部に過度の負担のかかる立ち作業
  4. 腰部に過度の負担のかかる腰掛作業・座作業
  5. 長時間の車両運転
など

以上の5つの作業です。これらの作業に常時従事する労働者に対しては、
当該作業への配置替え前およびその後6ヶ月以内ごとに1回、次の項目の健康診断を実施する必要があります。

配置前の健康診断

検査内容
  • 既往歴(腰痛に関する病歴およびその経過)および業務歴の調査
  • 自覚症状(腰痛、下肢痛、下肢筋力減退、知覚障害など)の有無の検査
  • 脊柱の検査:
    姿勢異常、脊柱の変形、脊柱の可動性および疼痛、腰背筋の緊張および圧痛、脊椎棘突起の圧痛などの検査
  • 神経学的検査:神経伸展試験、深部腱反射、知覚検査、筋萎縮などの検査
  • 脊柱機能検査:クラウス・ウェーバーテストまたはその変法(腹筋力、背筋力などの機能テスト)
  • 腰椎のエックス線検査:原則として立位で、2方向撮影(医師が必要と認める者のみ)

定期健康診断

検査内容
  • 既往歴および業務歴の調査
  • 自覚症状(腰痛、下肢痛、下肢筋力減退、知覚障害など)の有無の検査

  • <定期の健康診断の結果医師が必要と認めた者>
  • 脊柱の検査:姿勢異常、脊柱の変形、脊柱の可動性
    および疼痛、腰背筋の緊張および圧痛、脊椎棘突起の圧痛などの検査
  • 神経学的検査:神経伸展試験、深部腱反射、知覚検査、徒手筋力テスト、筋萎縮などの検査
    (必要に応じ、心因性要素に関わる検査を加える)
  • 腰椎のエックス線検査
  • 運動機能テスト

ご予約・お問合せ

健康診断・人間ドックのご予約・お問合せ
静岡地区予約センター
0120-283-170
054-280-6212
  • 予約受付時間(祝日を除く)
  • 月曜日~金曜日:8時30分~17時00分 / 土曜日:8時30分~12時00分