グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



  • 浜松市在住の皆さま
  • 静岡市在住の皆さま
  • 事業所・団体の皆さま

研究協力の紹介

「ノンスモーカー肺がん早期発見チャレンジ」(JECS Study)

「ノンスモーカー肺がん早期発見チャレンジ」(JECS Study)とは

「ノンスモーカー肺がん早期発見チャレンジ」(JECS Study)とは、日本人のがん死亡者数第1位の肺がん死を減らすために、胸部CT検査を併用する検診と併用しない検診(胸部エックス線検査のみ)の比較試験を実施し、胸部CT検査が有効かどうかを10年間かけて検証する取り組みです。

現在日本で行われている肺がん検診の内容は、胸部エックス線検査と喀痰細胞診検査で、この肺がん検診によって肺がんによる死亡を減らす効果があると分かっています。しかし、残念ながら万能ではなく、検診を受けても肺がんで亡くなる方もいるのが実状です。

胸部CT検査は早期の肺がんの検出に大変有効であることが知られていますが、肺がん検診における有効性(死亡率を下げること)は日本では確かめられておりません。そこで、厚生労働省主導の国家的プロジェクトとして2010年に肺がんCT比較試験:JECS Studyが立ち上がり、2015年から日本医療研究開発機構(AMHD)が主導する研究班(佐川班)に発展的に引き継がれ、現在は全国さまざまな自治体・地域・職場などで行われています。

ノンスモーカー肺がん早期発見チャレンジ」(JECS Study)にご協力いただける方は、下記URLより詳細な参加条件等をご確認いただき、お申し込みください。

  • JECS Study 募集に関する特設ページはこちら
  • JECS Study ホームページはこちら